FC2ブログ

2019-10

デモは収束の気配。しかし尖閣付近での緊張続く。

尖閣諸島国有化をきっかけに始まった中国でのデモというか、暴動ですが、
昨日くらいから 落ち着きつつあるようですね。

日本のメーカーの工場も 操業を再開したところが多いようです。

しかし、漁が解禁され中国からは大量の漁船と漁業監視船が来ていますので、
尖閣付近での 緊張状態は続くでしょう。

こんな中、中国が 尖閣での出漁に「大金」を補助しているというニュースが
ありました。

魚釣島に向かう漁船には当局から10万元(約125万円)の補助金が出る
そうです。

漁船乗組員の月給は3000元(約3万7500円)前後だそうですので、
これは 相当な大金ですね。


+++++++

石浦(中国浙江省)=関泰晴】沖縄県の尖閣諸島付近の海域に向け、多数の漁船が
出航したとみられる浙江省石浦地区の漁港を20日、訪れた。

 港では、複数の船主が、地元の漁業規制当局から補助金の約束を得て船を
送り出したと証言した。

 人口約15万人の石浦地区は大小1500隻余の漁船の基地だ。大部分の漁船が
夏の休漁期間が終了した16日以降、沿岸や沖合の海域に出ており、漁港周辺は
閑散としている。

 「釣魚島(尖閣諸島の中国名)に向かう漁船には、当局から
10万元(約125万円)の補助金が出るぞ」

 波止場付近にある市場で、漁船5隻を持つ船主が明かした。同地区行政府の
漁業監督部門が今月初旬、漁船100隻余に対し、尖閣海域に出航する許可を与え、
石浦~尖閣付近の片道500キロを往復する燃料代に相当する現金10万元の支給を
通知してきたというのだ。漁船乗組員の月給は3000元(約3万7500円)前後と
いう同地区で、10万元は大金といえる。

 地元の漁業関係者によると、これまで同部門は「政府の意向もあり、面倒を
起こすな」と尖閣付近の出漁を事実上、禁じてきた。
ところが、日本の尖閣諸島国有化を受け、状況が一変したという。
別の船主も補助金の通知があったことを確認した。

 実際の受け取りは今後になる模様だ。この船主は「我々が釣魚島に出航するのは
中国国民としての義務だ」と話し、日本を揺さぶる「先兵」役を果たすことに意欲を
見せた。

尖閣出漁船に当局から125万円…船主が明かす
+++++++


明らかに 日本に対する威嚇目的でしょう。

また、日本メーカーの不買運動だけでなく、店におかない(売らない)運動も
始まっていたり、輸出入の通関業務を わざと遅らせたり という
嫌がらせも 中国国内で始まっています。

+++++++

各地で続いていた反日デモから一転、中国国内は平静を取り戻しつつあるようです。

 (青木俊憲記者報告)
 (Q.きょうの北京の様子は?)
 日本人、そして日系企業は少しずつ日常の生活を取り戻しつつあります。
ただ、日本製品の不買運動に続いて、日本製品は売らないという運動も広がり始めていて、
実力行使から真綿で首を絞めるようなやり方に徐々に変わってきていると感じます。

北京中心部のショッピングモールでは「日本製品は売らない」という垂れ幕が
掲げられました。
大手デパートが日本製品を棚から撤去するという動きも出てきています。
20日の新聞各紙も「中国の経済制裁を受けたら、日本は耐えられない」
「日本の経済損失は、尖閣諸島の購入費20億5000万円をはるかに上回っている」などの
論評が並んでいます。
 
そして、中国外務省の会見の最新情報ですが、まずアメリカ大使の車が北京で
デモ隊に襲われた件について、「『中国の関係部署が調査を行っており、それなりの
処理をする』という19日の発言を補足することはない」と述べました。

デモ隊が暴徒化した広州でも、イタリア領事館の車が襲われていたと香港メディアが
伝えています。そして、気になる賠償問題については、「関係部門が状況に応じて
適切に処理する」というふうに話しました。
当初の「日本側に責任がある」という発言からは軌道修正した形ですが、
実際に賠償に応じるかどうかは極めて不透明です。

デモの次は…日本製品不買運動に“売らない”運動
+++++++

まあ、武力行使ではなく、こういう暴力や犯罪を伴わない「運動」なら、
いくらでも やってもらって構わないのでは。

日本が困る というよりは 最終的に困るのは 雇用が失われたり企業が
撤退する恐れがあるということですから、中国人のほうでしょう。

日本のメーカーも チャイナリスク というのを真剣に考える時期になっていると
思います。

日本は 中国に 多額の経済援助や技術援助を続けてきました。

2010年度の 中国へのODAは 1億4196万ドルです。
そのほとんどが 直接の金銭の援助ではなく、
ソフト面を含めた「技術支援」 だそうですが、
GDPで日本を追い越した中国に こんなに 援助する必要性も分かりませんね。

GDPはすでに日本を抜いているのに… どうして日本は中国へのODAを続けているの?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/933-3b5c16d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR