FC2ブログ

2019-10

中国各地での暴動続く。目が離せなくなった尖閣。

連日 中国各地で 日本料理店や日系スーパー、日本企業の工場などへの
破壊行為が続いていることが報道されています。

テレビなどで映像を見る限り、「デモ」ではなく、「暴動」という感じですね。

建物に物を投げつけたり、壊したり という破壊行為だけでなく、
デパート等に乱入して置いてあるものを盗んだり。

中には高級腕時計の「ロレックス」が盗まれたり ということもあったようです。

そうやって暴動を起こされ、破壊されている店は 必ずしも 日本人が経営する
ところばかりではないようですね。

華僑の方が経営する店もあるようです。
また、元は日本企業であっても 従業員は ほとんど中国人 というところが
多いですから、こうやって暴動を起こして 現地での企業活動ができなくなり、
休業や閉店 ということになれば 結果的に現地の中国人の雇用が失われるのだ、
ということを 分かって 彼らはやっているのでしょうか・・・?

デモに参加している人たちの様子を見ると、20~30代くらいの若者が
多いように見えます。

大卒でありながら まともな給料を得られる職につけず、ルームシェアして生活を
している「蟻族」と呼ばれる若者たちも多いのでしょうか。

日本への領土問題への不満だけでなく、中国政府への不満も そこには
あると思われますので、中国政府も デモを押さえつけるようなことをせず、
事実上、放っておいて「ガス抜き」をさせているのでしょう。

中国政府が 実は 一番 恐れているのは 日本へのデモから始まって
それが政府へのデモへと発展することだと思います。

このデモのニュースの中、残念なことは 日本のブランドであるユニクロが 
中国、上海の店舗でショーウィンドウに
「支持釣魚是中国固有領土」(釣魚島は中国固有の領土であることを支持します)
と張り紙を出した というニュースです。


デモ対策なのでしょうが、これは 日本人として 感情的に許しがたいものを
感じました。

中国のユニクロ店「釣魚島は中国固有の領土」 ネットユーザー「売国企業だ」と批判

最近の中国国内、韓国国内での領土問題に関するデモや騒動を見る限り、
日本人との「民度」の違いを つくづく感じます。

日本では デモはあっても、プラカードを掲げながら歩く程度。

車を叩き壊したり、国旗を燃やしたり という暴動行為を ほとんど見ません。

たまに右翼かと思われる犯罪行為が単独犯であったりしますが、
その「右翼」も 日本人かどうか、かなり怪しいですからね。
(右翼団体や暴力団のトップは 在日韓国・朝鮮人が多い。)

同じアジア人でも 日本人の民度が 如何に高いか ということを 表している
ことだと思いました。

これは 誇れることだと思います。

下記の記事をご覧ください。
在日中国人の留学生の方が書いているようですが、
反日デモ繰り返す中国人に知ってほしい、「日本人はそれでも僕たちに親切」という
記事です。

+++++++

2012年9月14日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に反発し、中国各地で
反日デモが行われるなか、日本で学ぶ中国人留学生が自身のブログで
「日本人はだからといって中国人に嫌がらせをするようなことはしない」と論じた。
中国のブログサイト・鳳凰博報に掲載された。以下はその内容。


その日は中国人留学生の仲間たちとご飯を食べに行き、午後11時過ぎに帰宅、
パソコンを開くと、中国の兄から「至急、父に電話をするように!何時でも
構わないから早く!」とのメッセージが入っていた。
何事かと思いすぐに電話をしてみると、父の第一声は「そっちは大丈夫か?」。

どうやら中国国内のただならぬ状況から、日本でもきっと大変な騒ぎになっていると
思ったらしい。
息子がひどい目に遭っているのではないか、帰国させた方がよいのでは…と
心配でたまらなかったようだ。
筆者がひとしきり「大丈夫。何も心配するようなことはないから」と説明し、
父はようやく安心して電話を切った。

実は昨日、アルバイトで中国語教室のチラシ配りをした。
仲間7人で1500枚を配ったが、その間、何の「ひどい目」にも遭わなかった。
それどころか、年配の女性が「他の人にも配るから」と多めにもらってくれたことも。
この時期、もしも反対に日本人が北京の王府井で日本語教室のチラシを配ったら
どんなことになるか、容易に想像が付くだろう。

今朝はオートバイの教習所に出掛けた。教官は筆者が中国人だということを
知っている。
実は当初、嫌がらせをされるのではないかと身構えていたが、そんな心配は
無用どころか、私が日本語で苦労していると、実際に目の前でやって見せて
くれた。なんて親切なんだ!

もっと驚いたのは昼休み、テレビのニュースで中国国内の反日デモの様子や
「尖閣諸島周辺の日本領海に侵入した」という中国の海洋監視船について、
事細かに報じていたにもかかわらず、誰1人として大きな反応を示さなかったこと。
これが中国だったら、大変な騒ぎになっているだろう。

先週の水曜日には、3月に上海の大学で1カ月の短期留学をしてきたという
日本人学生と会った。
その日は夜の9時から夜中の1時まで、大いに盛り上がった。
筆者が「中国に行く前と行った後では何か変わった?」と聞くと、
「全く違うよ!実際に行ってみたら、中国は面白いところだと分かった。
中国が好きになった。また行きたい」との返事。
筆者はこの言葉をぜひ、中国で日本人を殴った同胞たちに聞かせたいと思った。
(翻訳・編集/NN)

<在日中国人のブログ>反日デモ繰り返す中国人に知ってほしい、「日本人はそれでも僕たちに親切」
+++++++
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/930-aeca179b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR