FC2ブログ

2019-10

人権侵害救済法に反対した大臣が謎の"自殺"

松下忠洋金融・郵政民営化相が「自殺」してお亡くなりになられた
とのニュースが 昨日9/10に飛び込んできました。

失礼ながら大臣のことをよく知らなかったんですが、どのような政治家なのか、
ネット等で調べてみると、
売国法案といってよい、「人権侵害救済法」や「外国人参政権」に
反対し、郵政民営化に反対してきた保守的な政治家のようですね。

人権侵害救済法の「人権委員会」設置法案は 松下大臣の反対により
閣議決定を免れた とのことです。

民主党政権は 非常に危険な政権です。

外国人参政権、人権侵害救済法案をセットで、9月13日から始まる臨時国会で
可決しようとしているのです。

そのような中、松下氏のような保守の政治家が お亡くなりになられた
というのは なんだか不吉な予感が・・・。

「愛人問題」が週刊誌に取り上げられる直前だったとか、
前立腺の病気だった 等と報じられていますが、その程度のことで、
現職閣僚が「自殺」するでしょうか・・・?

首をつっていたということ、また「遺書」があったということで、簡単に
自殺だと ほぼ断定されてしまいましたが、当初、TBSは「心不全」と報道して
いたのも ちょっと不思議です。

人権侵害救済法等の売国法案に反対していた保守政治家の不審な死 といえば、
真っ先に思い浮かぶのが2010年の中川昭一氏の死です。

G7の会議の後の「酩酊会見」は 世界に恥をさらした と、当時は日本国民の
ひとりとして情けなく思いましたが、あれは 女性記者からワインの中に薬を
混入されたものだという噂がありますね。

本当かどうか、分かりませんが 中川氏は「CIAに消された」のでは? という
説があります。

理由は 当時 「IMF(国際通貨基金)に1千億ドル拠出してくれ」と米国に言われ、
「1千億ドル必要ならば、日本が保有している米国債から拠出しましょう。」と
中川金融担当大臣は答え、「これ以上、金を出す気はない」ということを
記者会見で発表しようとしていたところ、ワインに混入した薬を飲まされ、
阻止された というものです。

中川昭一金融大臣が辞任に追い込まれた昨年2月のローマでの朦朧記者会見を
仕組んだのは世界銀行総裁だとか、ワインに薬品を入れて朦朧状態にさせた
財務省官僚の実名、中川大臣との昼食会に同席して一緒に食事してワインを
飲んだ女性記者の実名も暴露されています。

明らかに誰が見ても朦朧状態だと分かる中川昭一氏を会見に出させて、
横で財務省官僚が素知らぬ顔をして座っているという様子にも 当時なんだか
違和感を覚えたものでしたが、そのような「罠」があったのだとしたら・・・
恐ろしいです。

中川昭一 財務大臣が失脚し、暗殺された理由(YouTube動画)

恐怖!「人権侵害救済法案で私は消される。」 故中川大臣(YouTube動画)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/924-f93b83a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR