FC2ブログ

2019-10

大津市いじめ事件、加害少年への聴取始まる

やっとか、という感じですが、大津市でのいじめ事件で
いじめの加害者として遺族が暴行容疑などで告訴していた同級生3人のうち
2人から事情聴取をした、というニュースが入ってきました。

+++++++

大津市の中2男子自殺で、滋賀県警は1日、いじめの加害者として遺族が
暴行容疑などで告訴していた同級生3人のうち2人から事情聴取した。
捜査関係者への取材で分かった。残る1人についても聴取する方針。

 県警は男子生徒と同学年だった生徒ら約300人への事情聴取を終え、
いじめを目撃したとする証言などを基に実況見分も実施。
遺族からも複数回にわたって話を聴いており、今後は加害者とされる生徒の
再聴取も検討。早ければ9月中に立件の可否を判断する。

 県警は、学校が夏休みに入った後の7月26日から同学年の生徒らの
事情聴取を開始。男子生徒が受けていた暴行などについて確認を進めた。

 県警は7月、体育大会での暴行容疑で学校などを家宅捜索。その後、
男子生徒の父親が暴行や恐喝など6つの容疑で、加害者とされる生徒3人を
告訴していた。

 3人のうち1人は今年5月に修学旅行の説明会を途中で帰ろうとした際、
注意した女性教諭を殴るなどして重傷を負わせていたことも判明。
被害届は出ていないが、県警は傷害容疑での立件も視野に捜査を進めている。

 遺族は生徒3人や大津市に損害賠償を求め民事訴訟も起こしているが、
生徒側は「遊びの範囲」といじめを否定。大津市は8月、外部有識者による
第三者委員会を設け、いじめの実態解明を進めている。

大津いじめ自殺 同級生2人聴取、今月中にも立件判断
+++++++

ちなみに、被害者の遺族から訴えられている加害生徒3名のうち、
2名は事件後、京都の学校に転校していますが、そのうち1名は
転校先でもリンチをしている、ということで、被害届が出され、
家裁送致になっていますね。

+++++++

大津市で昨年10月に自殺した市立中学2年の男子生徒をいじめたとされる
同級生3人のうちの1人が今年6月、転校先で同じ中学に通う生徒同士の
暴力事件に関与したとして、傷害容疑で書類送検され、家庭裁判所に
送致されていたことが分かった。
この同級生は、自殺した生徒の遺族から暴行、脅迫などの容疑で告訴されている。

 非行内容は、6月12日、神社で他の男子生徒数人とともに別の男子生徒1人を
約20分間、殴ったり蹴ったりするなど暴行し、全治2週間のけがをさせた、と
される。さらに、被害生徒の文具を捨てたり、かばんを燃やしたりしたという。
被害生徒側が7月、警察に被害届を出した。

 捜査関係者によると、この暴力事件で、大津市のいじめに関与したとされる
生徒は主導的な立場ではないという。
事件のあった地元の教育委員会は「いじめではなく、生徒間の暴力事象と
考えている」としている。

大津いじめ:別の傷害容疑、中学生を家裁送致
+++++++

また、加害生徒が 女性教諭を蹴ったりして骨折させたした事件、
これは 学校側が 被害届を出さずに処理していますよね。
これも 隠ぺいのひとつでしょう。

+++++++

昨年10月に自殺した大津市立中学2年の男子生徒(当時13歳)へのいじめの
加害者とされる同級生の一人が今年5月、中学校内で担任に暴力を振るってけがを
負わせた問題で、担任の女性教諭が同級生に蹴られるなどして左手小指骨折、
脇腹や顔などの打撲傷で全治約1か月の重傷だったことがわかった。

市教委は当初、「故意ではなかった」などと説明していたが、事実と
違った理由について、市教委幹部は「対応した職員がきちんと理解しないまま、
説明してしまった」と釈明している。

 市教委によると、5月下旬、学校の体育館で翌日に控えた修学旅行の
事前指導が行われていたさなか、同級生が急に立ち上がり、
帰宅すると言って暴れた。
更衣室に向かい、追い掛けて止めようとした担任の女性教諭を蹴ったという。

 担任が足を左手で止めようとして小指を骨折。同級生はその後も止められるまで
脇腹や顔などを計10回、殴ったり蹴ったりした。
市教委は当初、取材に対し、小指骨折は暴れていた男子生徒の足が
偶然当たったためで、「担任を狙ったのでなく、故意ではなかった」などと
していた。

 学校は6月上旬、担任を交えて協議した結果、被害届を出さないと決定。
大津署には経緯を説明したうえで、「同じようなことがあれば、被害届を出す」と
伝えた。市教委が今月中旬、改めて聞き取りをした際、
担任は「3年生になって、クラスになじめてきつつある。(法的な措置を取るの
でなく)担任として見ていきたい」と話したという。

(2012年8月24日07時42分 読売新聞)

大津いじめ、女性担任蹴り骨折「故意」と市教委
+++++++

大津市の越直美市長が設置した「第三者委員会」のほうでは
いじめと自殺の因果関係 の解明は行わない とか、
遺族側が要望していた公開での審議は 行わず、非公開とさたり、
「第三者委員会」の委員に決まっていた滋賀県臨床心理士会会長の
野田正人・立命館大教授が野田教授が男子の家庭に関する個人情報を入手して
外部に漏らした疑いがあるとして、遺族側が抗議し、辞任する 等の
ごたごたがありました。

衝撃的だったのは 8/15 大津市教育委員会、委員長の沢村憲次教育長が
教育長室でハンマーで殴られた事件でしたね。

この教育長は
「いじめが原因? 被害者の家庭に問題がある可能性もありますよね」
「保護者との会見で批判がありましたが、先生がんばれということですよ」
「県警が強制捜査に来たので抗議しました」
「市長は和解すると言ってるが、遺族との訴訟は続けるべきです。」
「文科省に報告しなかったのは、どう報告するか考えてたら9ヶ月
 たっちゃっただけです」
「こっちも被害者」
など、様々な問題発言をしましたし、被害少年が亡くなった3か月後、
「視察」でオーストラリアに旅行するなど、いじめの解明というよりも
隠蔽に努めてきた という感じですので、襲撃されても
ネット等では ほとんど同情の声が挙がらなかった という状況でした。

この事件に関し、被害少年の遺族は
「暴力に訴えても何の解決にもならない」との声明を発表されています。

+++++++

先日十五日に起きました「大学生による大津市教育長襲撃事件」についてですが、
われわれ遺族は大変悲しく思っております。
 
事件を起こされた大学生にも何らかの痛烈な思いが今回の息子の事件に対して
あったのだという事は分かりますが、それを暴力に訴えても何の解決にも
至らないと考えます。
 
息子もいじめという暴力に遭ってました。しかしその報復として私どもも暴力で
訴えた場合、それは解決になるのでしょうか?
私自身アンケートを渡され、息子に対する「いじめの暴力」の存在を知った時、
確かに相手を殴ってやりたい衝動に駆られました。
しかしそういった行動に出た場合に息子は喜ぶのだろうかと必死に考えました。
暴力に訴えていた場合には恐らく今回の「いじめ」の問題や「学校や
教育委員会の現状や隠ぺい体質」の問題がここまで明るみにされることは無く、
息子の「死」の意味は犬死にとして捉えられるだけのものになっていたと
思います。
 
私どもの起こしている裁判に共感して応援して下さるのはとてもうれしい事です。
しかしながら暴力に訴えることだけは決して行わないでください。
息子の本望ではありません。
 
今回の問題に対する意見として、皆様方のお住まいの地域の学校や教育委員会、
市や県に対して再度見直しを図っていただくという訴えや行動を起こして
いただければ、真の解決に結びついていくものと考えております。
 
再度申し上げますが、今となっては私どもだけの裁判とは考えておりません。
今は一人で戦っているのではなく、ご支援頂いている皆様方と共に戦っていると
感じております。
 日本全国の学校が、世界中で一番安心で安全な場所であり、いじめの無い、
子供が子供時代にしっかりと心と体を成長させえられる場所になるように、
私どもも裁判を進めていきます。
 
 皆様方におかれましても、引き続きご支援、ご協力をいただければ幸いです。
 何卒よろしくお願い申し上げます。

自殺生徒の父親、HPで声明発表 大津教育長襲撃事件
+++++++

この事件後、この警備が強化され、教育長にはSPが付く 等の対策が
なされているそうです。

つまり いじめを隠ぺいした教育長を暴力から守るために 税金が
投入されている ということですね。

日本が法治国家である以上、抗議したいことがあっても 暴力に訴えることは
あってはならないと思います。

しかし、亡くなった生徒が 明らかに犯罪行為にあたる暴行を何度も受けながら、
学校からも教育委員会からも守ってもらえなかったことを考えると、
SPは 税金からではなく、教育長個人の費用で付けるべき と私は思いました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/916-598a8eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR