FC2ブログ

2019-10

「独島」パフォーマンスは韓国サッカー協会ぐるみの計画的セレモニー

サッカー韓国代表のパク・チョンウ選手が、ロンドン五輪の日本戦の後に
島根県・竹島の領有権を主張するメッセージを掲げた問題、
まだIOCやFIFAの裁定が下っていないようですが、明らかに
韓国男子サッカーチーム全員、というよりも 韓国サッカー協会ぐるみの
計画的なセレモニーだったようです。

韓国サッカー協会やパク・チョンウ選手は ファンが掲げていたプラカードを
興奮して上げただけ、と言い訳していますが、客席で
「独島は我が領土」というそのプラカードを揚げていたのは
他ならぬ韓国サッカー協会会長のチョ・ジュンヨン会長に
そっくりな人物(おそらく本人)であり、会長からプラカードを受け取って
パク・チョンウ選手に渡しているのは 胸にKFA(大韓サッカー協会)の記章が
ある赤いシャツを着た人物なのです。

下記のブログに その証拠写真がありますので、ご覧ください。

狂乱の韓国サッカーチームと、『独島セレモニー』の黒幕は韓国サッカー協会の会長という疑惑

また、キャプテンのク・ジャチョル選手は 試合後のインタビュー記事で

2点目を入れたときに「独島は我が領土セレモニー」を しようと考えていた

と言っていますね。

http://www.j-cast.com/2012/08/11142675.html?p=all

これらのことから、あの「独島パフォーマンス」には
チーム全体、というより韓国サッカー協会ぐるみでの計画性が見えるわけですが、
それを 日本サッカー協会に 謝罪した いや、していない、
謝罪するべきでなかった など、その後 韓国国内で もめている始末・・・。

日本サッカー協会は8月13日、同問題について韓国側から「謝罪メール」を
受け取ったと説明しました、

しかし、韓国側は14日にこれを否定し、メールは「遺憾の意」を表明したもので
謝罪ではないと釈明していました。

しかし、メールの内容は 韓国協会が朴選手の行為を
「スポーツ精神に反する行為(Unsporting activities)」と表現し、
「深い遺憾の意を表明する」
「両協会の友好関係を考慮し、寛容な理解と寛大な心を示していただければ
深く感謝する」などと記されていたようで、内容からすると、
やはり「謝罪」だったようです。

韓国サッカー協会の「謝罪ではない」は“うそ”、メール暴露される

しかし、日本サッカー協会に謝罪したとなると、韓国国内で非難されるので
「謝罪ではない」と言っているのでしょう。

「ご理解のうえ寛大さ示していただければありがたい」 韓国サッカー協会の手紙は「謝罪」だった

五輪憲章に明らかに違反する行為をしておいて、それに対して少し謝罪らしき
ことをすれば、(国内で非難されるから)謝罪はしていない、とその後言ったり。
・・・・・

本当に呆れますね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/911-6567c426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR