FC2ブログ

2019-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県沖で25000ベクレル/kgのアイナメ、見つかる

東京電力は 21日、福島第一原発から20キロ地点で獲れたアイナメから
過去最高値である25000ベクレル/kgの放射性セシウムを検出したと発表しました。

+++++++

東京電力は21日、福島第1原発から北に約20キロ離れた福島県南相馬市原町区の
沖合でサンプル採取したアイナメから、1キロ当たり2万5800ベクレルの
放射性セシウムを検出したと発表した。

原発事故後、福島近海で捕れた魚介類では最も高い濃度で、
一般食品のセシウム基準値(同100ベクレル)の258倍。
1キロ食べた場合の内部被ばく線量は約0.4ミリシーベルトと推定されるという。
 
福島県沖では6月からタコとツブ貝に限って試験操業が始まり、地元を中心に
流通している。アイナメは出荷制限されており、漁もしておらず、
市場に出回っていない。
 東電は「ホットスポットのようなものがあって、そこの餌を食べた可能性も
ある」としている。(2012/08/21-21:18)

アイナメから2.5万ベクレル=セシウム濃度、過去最高値-福島第1から20キロ沖
+++++++

アイナメは岩場に住む底魚で、以前から東日本の太平洋側で獲れたものは
たびたび基準値オーバーのものが出た と発表されていますよね。

アイナメ、カサゴ、ヒラメ、カレイなどの底魚が特に危険 というのは
分かりますが、同じく海底に生息しているはずのタコや貝(ツブ貝)が
「出荷解禁」になって出回っているのは 何なのでしょう。

タコやイカなどの頭足類には コバルト60や放射性銀が蓄積するそう
ですけど・・・。

食品中の放射性銀について教えて下さい

これらは 水揚げされた港で 福島県産 と表示すると 買う人も限られる
でしょうから 別の漁港で水揚げしたり、主に 外食産業へ流通したり、
加工食品 として出回っていることでしょう。

また、移動をすることがない海藻の汚染も気になりますが、海藻は
魚以上に 検査数が少ないですね。

海藻については グリーンピースが行った調査で
昨年5月に福島第一原発から50キロ離れた沖合で
採取した海藻アカモク(ホンダワラ科)などから
1キログラムあたり最高で13,000ベクレル以上の放射性物質が、
福島第一原子力発電所の南約30㎞から65kmの場所に位置する久ノ浜(ひさのはま)、
四倉(よつくら)、江名(えな)、勿来(なこそ)などの漁港で
譲り受けたアカモク、コンブ、フクロノリなどの海藻サンプルからも、
1キログラムあたり最高で23,000ベクレル以上の放射性物質が検出という
ニュースがありました。

2011/5/12 高濃度の放射性物質を海藻類から検出 グリーンピースの海洋調査で、政府に緊急調査を要請


三陸沖産はワカメの国内産の7割を占めていますが、検査体制は整っているの
でしょうか。
検査結果を公開しているところもあるようですが、これも「全数検査」じゃない
だけに、不安を払しょくするまでにはなりませんね。

宮城県産養殖コンブ・ワカメ放射能性物質モニタリングの結果

放射性ヨウ素とセシウムであれば、ベルトコンベア上で袋や段ボールに入ったまま
短時間で測定する機械が販売されていて、これを全国の農協や漁協に設置すれば
「全数検査」も可能だったはずです。

それをやらずに 未だに 時間のかかるゲルマニウム半導体検出器での検査を
食品の放射性物質検査法として規定している厚生労働省。

食品中の放射性物質の試験法について

ゲルマニウム半導体検出器では 測定時間が検出下限値をどこに設定するかで
測定時間が変わってくるのですが、
おおよそ5分測定で50 Bq/kg以上、10分測定で20Bq/kg程度、15分測定で
15 Bq/kg程度 の検出限界 となるようです。

ゲルマニウム半導体検出器による定量下限と効率的な測定(同位体研究所)

袋に入ったまま、わずか5秒で測定できる最新鋭の機械があるのに、
厚生労働省は なぜ その機械の普及を推進しないのか。
精密な測定にはならなくても、全数検査で基準値以上のものを除外する という
ことにその機械が役立つはず。

ガレキを遠くまで多額の費用をかけて運搬して焼却することにコストを
つぎ込むなら、食品の検査体制の充実のほうに回してほしかった。
残念です。

下記の図はドイツのキールの海洋研究所(GEOMAR)が
7月6日付けで発表した福島第一原子力発電所の事故による太平洋の
海水放射能汚染の長期シュミレーションによる事故から16ヶ月後、
すなわち現在の汚染の想定図だそうです。

16ヶ月後presse_deutsch_lab_minimal_labels_convert_20120822091944

上の図を見ると、もうハワイくらいまで汚染が広がっていますし、
ショックなのは 北海道のほうまで 汚染が広がっていることです。

北海道産のマダラから、セシウム134,137合わせて68ベクレルという、基準値内では
あるものの、比較的汚染度の高いものも水揚げされています。

水産物の放射性物質モニタリング結果(マダラ)

下の動画は ETV特集「海のホットスポットを追う」です。
まだご覧になられていない方は 是非ご覧ください。
私のブログに 以前Dailymotionに上がっていた動画を貼っておいたの
ですけど、NHKから動画サイトに対して削除要請があったようで、
その動画が 今は見れなくなってしまいました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/906-4d8f39a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。