FC2ブログ

2019-10

福島県沖の魚介類が販売再開

なんだか心配なニュースが入ってきました。

福島県沖で取った魚介類の販売を再開するそうです。

+++++++

福島県漁業協同組合連合会は18日、県内漁協の組合長会を開き、
相馬双葉漁業協同組合が同県相馬市沖で始めた試験操業で水揚げされたタコなど3種の
魚介類の安全性が確認されたとして、20日操業分から販売を認めることを決めた。

東京電力福島第1原発事故後、県内漁協はいずれも出漁を自粛しており、販売再開は
1年3カ月ぶりとなる。
 
出荷されるのは、県の調査で長期にわたって放射性物質が検出されなかったミズダコと
ヤナギダコ、ツブ貝のシライトマキバイ。
14日に行われた最初の試験操業でも放射性物質は全く検出されず、組合長会は
流通させても問題ないと判断した。

 20日の試験操業には漁船6隻が参加する予定で、水揚げされたタコなど
3種は加工後、地元を中心に販売するとしている。 

福島沖の魚介類、販売再開へ=1年3カ月ぶり-タコなど3種
+++++++

福島県の漁協の皆さんが 早く操業や販売を再開したい気持ちだけは分かりますが、
あまりにも早急すぎるのではないでしょうか。

「安全が確認された」って、あくまで抜き取り検査でしょ。

全数検査ではないですし、検査体制が十分に整っているとは とても思えない
のですけど・・・。

福島第一原発事故により、大気中には90京ベクレルもの放射性物質が
放出されています。

大気中に放出されたものも 最終的には 河川から海に流れ込んでいきますし、
福島県沖の海の底の泥の汚染度は 相当なものだと思います。

実際 カレイやヒラメ、スズキなどの底魚については深刻な汚染が報告されて
いますよね。

各都道府県等における水産物放射性物質調査結果(時系列版)PDF

それなのに、タコや貝って海の底にいるようなものを よりによって
販売再開って・・・。

見逃せないのは 記事の中の
「水揚げされたタコなど3種は加工後、地元を中心に販売するとしている。」 
という部分。

「加工後」ってことは 加工食品には産地表示がないものがほとんどですし、
義務付けられてもいませんので、加工食品に化けた後は「福島県産」と表示されないと
いうことですよ。

これでは 加工食品を よく食べる人にとっては 福島県産を極力避けたくても
ロシアンルーレットで当たってしまうようなものでしょう。

物やサービス、何でもそうですが、消費者の買う・買わない は自由です。

しかし、その「自由」には 

・情報がしっかり提供されていること。
・その情報に嘘がないこと

の2点があって、初めて 成り立つのです。

この放射性物質の問題でいうと、

・情報提供 → 加工食品、外食食材まで含めた全数検査
・嘘がない → 産地の偽装が全くない
       
ということが 前提でなければ ならないはず。

漁民の皆さんは 原発事故の被害者ですので、責めるのは筋違いかと思いますが、
東電にしっかり賠償してもらって まずは 全数検査の体制をしっかり整えてください。

そうでないと、販売が再開されたからといって、福島県産の魚介類を
買う気にはなれない・・・という方が多いのではないでしょうか。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/848-56099ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【福島県沖の魚介類が販売再開】

なんだか心配なニュースが入ってきました。福島県沖で取った魚介類の販売を再開するそうです。+++++++福島県漁業協同組合連合会は18日、県内漁協の組合長会を開き、相馬双葉漁業協同組合が同県相馬市沖で始めた試験操業で水揚げされたタコなど3種の魚介類の安全性?...

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR