FC2ブログ

2019-10

男子バレー、五輪出場は崖っぷちに

6/6に行われた男子バレーの中国との試合、残念な結果に終わりましたね。

中国は高さもあり、世界ランクでは日本より格上ではあるものの、
けっこうミスも多く、粗いチームだっただけに、粘って勝っておきたかった
ところでした。

男子チームを見ていて思うのは やはりサーブミスが目立つところです。
ほとんどの選手がスパイクサーブを打っていますが、確率が悪すぎますね。
入ってもほとんどエースにはならないし、サーブミスで点を失うくらいなら、
ジャンプフローターで確実に入れたほうがいいと思いますが・・・。

点差が開いたときに思いっきり打つならともかく、接戦のときや相手に20点取られて
以降まで、ジャンプスパイクサーブにこだわるのは ちょっと私には理解できない
です。

女子のように無回転の落ちるフローターサーブを練習したほうがよいのでは。

試合前の練習で宇佐美選手の顔面にボールをぶつけられてセッターを交代せざるを
得なくなったのも残念でした。

試合前の練習ではコートを左右半分ずつ使って スパイクをクロスではなく、
ストレートにしか打たないのが マナーのはずです。

それを あんな鋭角の逆クロスに打って、至近距離からセッターの宇佐美選手に
当てる というのは 何なのでしょう。
腕をひねりながらではないと、あんな角度にスパイクは打てません。

これについて、日本チームは 即座に抗議すべきだったと私は思います。

もし 逆の立場で 日本の選手が中国の選手にボールをぶつけていたならば、
中国は 絶対に激しい抗議をしたでしょう。

セッターが変わるということは スパイクを打つ選手、特にサイドから
打つ選手にとっては影響が大きかったのではないでしょうか。
エースの福澤選手は 打ちにくそうにしていましたよね。
決定力も 極端に下がってしまいました。

また、セッターの近藤選手がセンターラインを踏み越えるミスも2回あり、これも
不慣れからくるミスだったと思います。


もちろん、控えのセッターの近藤選手とのコンビも もっと練習しておくべき
だったと思いますので、負けた言い訳にはなりませんね。

宇佐美選手の怪我が敗因というより、控えも含めた日本チームの「層の薄さ」と、
サーブミスなど、ミスが多かったことが 敗因になったということでしょう。

とにかく、2敗したことで 後がなくなったのは事実ですから、選手の皆さんには
死にもの狂いで、残り3試合を全勝してほしいです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/837-8ccc5bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【男子バレー、五輪出場は崖っぷちに】

6/6に行われた男子バレーの中国との試合、残念な結果に終わりましたね。中国は高さもあり、世界ランクでは日本より格上ではあるものの、けっこうミスも多く、粗いチームだっただけに、粘って勝っておきたかったところでした。男子チームを見ていて思うのは やはりサーブ?...

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR