FC2ブログ

2019-10

2010年の日本人の平均寿命、女性86・3歳、男性79・55歳に

厚生労働省は5/31、2010年の日本人の平均寿命について、
女性が86・3歳、男性が79・55歳になったと発表しました。

ここ数年は ほとんど変化がないように思いますが、
50年前には 日本人の平均寿命は 女性70歳・男性65歳 だったのですよね。

元気で長生きするお年寄りが増えたのは よいことですが、
反面 色々な問題も出てきています。

日本の高齢世帯が抱える今の問題、内閣府に興味深いページがありましたので、
いくつか拾ってみました。

+++++++

1 高齢化の現状と将来像

○5人に1人が高齢者という社会

・我が国の総人口は平成22(2010)年10月1日現在、1億2,806万人)。

・65歳以上の高齢者人口は過去最高の2,958万人(前年2,901万人)。

・65歳以上を男女別にみると、男性は1,264万人、女性は1,693万人で、
性比(女性人口100人に対する男性人口)は74.7。

・総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は23.1%(前年22.7%)。

・「65~74歳人口」(前期高齢者)は1,528万人、総人口に占める割合は11.9%。

・「75歳以上人口」(後期高齢者)は1,430万人、総人口に占める割合は11.2%。

○高齢者のいる世帯は全体の4割、そのうち「単独世帯」・「夫婦のみの世帯」が
過半数

・65歳以上の高齢者のいる世帯は増え続けており、
平成21(2009)年現在、世帯数は2,013万世帯であり、全世帯(4,801万世帯)の
41.9%を占める。

・三世代世帯は減少傾向である一方、単独世帯、親と未婚の子のみの世帯は
増加傾向で、平成21(2009)年現在、単独世帯と夫婦のみの世帯をあわせると
半数を超える。

2 高齢者の経済状況

○高齢者世帯は、世帯人員一人当たりの年間所得が全世帯平均と大きな差は
なく、6割強の世帯は所得が公的年金・恩給のみ

・高齢者世帯の平均年間所得は297.0万円で、全世帯平均(547.5万円)の半分強

・世帯人員一人当たりでは、高齢者世帯の平均世帯人員が少ないことから、
192.9万円となり、全世帯平均(208.4万円)との間に大きな差はみられない。

・高齢者世帯の約6割において、所得が公的年金・恩給のみとなっている。

○世帯主が65歳以上の世帯では、一人当たりの支出水準は全世帯平均を上回り、
貯蓄は全世帯平均の1.4倍

・世帯主が65歳以上の世帯の一人当たりの支出(年間)は131.0万円で、
全世帯平均の122.3万円を上回る。

・世帯主が65歳以上の世帯の平均貯蓄額2,305万円で、全世帯平均1,638万円の
約1.4倍、4,000万円以上の貯蓄を有する世帯主が65歳以上の世帯は16.8%であり、
全世帯(10.0%)の1.7倍に近い水準。

3 高齢者の健康・福祉

○高齢者の要介護者等数は急速に増加しており、特に75歳以上で割合が高い

・65歳以上の要介護者等認定者数は平成20(2008)年度末で452.4万人であり、
13(2001)年度末から164.7万人増加し、第1号被保険者の16.0%を占める。

・75歳以上で要介護の認定を受けた人は75歳以上の被保険者のうち21.6%を
占める

○主に家族(とりわけ女性)が介護者となっており、「老老介護」も相当数存在

・要介護者等からみた主な介護者の続柄をみると、介護者の6割が同居して
いる人。

・その主な内訳は、配偶者が25.0%、子が17.9%、子の配偶者が14.3%。
性別では男性が28.1%、女性が71.9%と女性が多い。

・同居している介護者の年齢について、男性では65.8%、女性では55.8%が
60歳以上であり、いわゆる「老老介護」のケースも相当数存在。

4 高齢者の就業

○高齢者の雇用情勢は平成15(2003)から19(2007)年にかけて大幅に改善したが、
近年は悪化傾向

○労働力人口総数に占める65歳以上の人の比率は引き続き上昇

・平成22(2010)年の労働力人口は6,590万人で、前年と比べ27万人の減少。
ただし、労働力人口のうち65歳以上の高齢者は増加。

・労働力人口総数に占める65歳以上の人の比率は8.9%に上昇し、
昭和55(1980)年から上昇を続けている。

5 高齢者の社会参加活動

○グループ活動に参加している高齢者は約6割で、今後参加したい高齢者は約7割

・60歳以上の高齢者の59.2%は何らかのグループ活動に参加しており、10年前と
比べて15.5ポイント増加。

・今後の参加意向について、「参加したい」(「参加したい」、「参加したいが、
事情があって参加できない」と回答した人の計)と考える人は70.3%となっており、
過去の調査と比較して増加。

・60歳以上の高齢者のボランティア活動その他の社会活動への参加状況は、
日本は参加している割合(31.3%)が韓国に次いで低い

6 高齢者の生活環境

○高齢者の交通事故死者数は減少しつつあるが、交通事故死者数全体に占める
割合は上昇

・65歳以上の高齢者の交通事故死者数は、平成22(2010)年は2,450人で
14(2002)年より減少しつつあるが、交通事故死者数全体に占める割合は
22(2010)年は50.4%と統計が残る昭和42(1967)年以降で最も高い。

○振り込め詐欺の被害者の6割以上が高齢者

・振り込め詐欺(オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺及び
還付金等詐欺の総称)のうち、特に高齢者の被害が多いオレオレ詐欺の
平成22(2010)年の認知件数は4,418件と前年より44.5%増加。
振り込め詐欺の被害者は、65歳以上の割合が6割超。

○高齢者による犯罪
・高齢者の刑法犯の検挙人員は,平成12(2000)年と比較すると、検挙人員では
約2.7倍、犯罪者率では約2倍。

・前科・前歴や受刑歴などがある人ほど初犯者に比べ、単身者が占める割合が
高く、親族や親族以外との接触がない人が多い

平成23年版 高齢社会白書(概要版)
+++++++

独居世帯や高齢者だけの世帯が増えたことで、孤立死や老老介護、買い物難民
といった問題が増えるものと予想されますが、お年寄りの「社会参加」が
カギになるのかな、と思います。

地域のコミュニティに参加すること、近所同士、お互いに声をかけあうこと、
元気な方は ボランティア活動や仕事に積極的に参加すること などが
重要になってくるでしょうね。

先進国の中で 最も急速に、「超高齢化」が進んでいる日本、少子高齢化でも
元気なお年寄りや 経済力のあるお年寄りは 増えているわけですから、
日本の経済、社会を安定させるため、余裕のある高齢者の「活力」にも期待したい
ところです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/831-c11362da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2010年の日本人の平均寿命、女性86・3歳、男性79・55歳に】

厚生労働省は5/31、2010年の日本人の平均寿命について、女性が86・3歳、男性が79・55歳になったと発表しました。ここ数年は ほとんど変化がないように思いますが、50年前には 日本人の平均寿命は 女性70歳・男性65歳 だったのですよね。元気で長生きす...

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR