FC2ブログ

2019-10

ありえない値上げ

原発事故を起こした東京電力が企業向け、家庭向けの電気料金を ともに
値上げする というニュースが報じられています。

東京電力管内にお住いの方にとっては 「ふざけるな!」と言いたくなる話でしょう。

値上げの前に やるべきことはやったのか。

電力会社の料金の算定基準となっている総括原価方式で、東電の場合、下記のような
ものまで、「経費」として計上していたことが報じられています。

・社員専用の飲食施設「東友クラブ」、接待用飲食施設「明石倶楽部」の維持管理費
・熱海などに所在する保養所の維持管理費
・女子サッカーチーム「マリーゼ」、東京電力管弦楽団の運営費
・総合グラウンドの維持管理費と減価償却費
・野球やバレーボールなど社内のサークル活動費
・PR施設(渋谷電力館とテプコ浅草館)
・一人当たり年間8万5000円の福利厚生の補助(他産業平均では6万6000円)
・健康保険料の70%負担(他企業の会社負担は50~60%)
・社員の自社株式の購入奨励金(代金の10%)
・年3.5%の財形貯蓄の利子(利子補てんがない企業がほとんど)
・年8.5%のリフレッシュ財形貯蓄の利子(制度自体がない企業がほとんど)
・電力と関係のない書籍の購入代金
・業界団体、財団法人への拠出金と出向者の人件費
・原発立地自治体への寄付金
・オール電化PRの広告宣伝費


すごいですね~。
「年8.5%のリフレッシュ財形貯蓄」など、他企業にお勤めの方からすると、
うらやましいような、またありえないような高待遇。
また、冬のボーナスも 減らされたとはいえ、支給されたというのがありえない。

あと、5億円と言われる退職金をもらって退職した前社長・清水正孝氏は 
今いずこへ?
原発事故の被害者の皆さんに何か自腹切って補償などされたのでしょうか?
まったくそんな話も聞きませんよね。


一般家庭でも 東電ではなくIPP(独立系発電事業者)から電気を買いたい と
いう方が多いのではないでしょうか。

東電は2011年11月、約8900億円の資金支援の認定を受け、さらに
原子力損害賠償支援機構に対して約6900億円の追加の支援金を要請、
国民の税金が合計、約1兆5800円つぎ込まれて支援され、潰さないように
保護する予定ですよね。

また、今後も 賠償額や廃炉に向けての費用は膨らみ続け、そのたびに
国民の血税が つぎ込まれていくのでしょう。

これだけ国民に痛みを与えて、それで 政府は 送電網を東電から取り上げる
くらいのことは やらなければいけないと思いますが、自民にも民主にも
たくさん電力会社から献金をもらっている議員が多い中、発送電分離は
果たして できるのでしょうか・・・?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/710-8b0a992f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR