FC2ブログ

2019-10

新築マンションに汚染コンクリ

もうテレビなどで報道されているので、ご存じの方が多いと思いますが、
福島県二本松市の新築マンションから高い放射線量が出て、その原因は 汚染された
砕石を使ったコンクリートだったようですね。

二本松市の新築マンションから放射性物質

1/16の「モーニングバード」という朝の番組によれば、このマンションの12世帯のうち、
10世帯は 原発事故で避難してきた世帯だそうで、なんと 皮肉なことでしょう・・・。

そして、「やっぱり!」と思ってしまいましたが、この汚染コンクリ、同じ砕石が
建設会社など、200社以上に出荷の疑い というニュースも報じられています。

汚染コンクリ、100社以上に出荷の疑い
「砕石」行方知れず 出荷制限なし、業者も困惑
東日本大震災:福島第1原発事故 高線量建築資材、200社以上に流通か 仮設使用の可能性も
東日本大震災:福島第1原発事故 二本松の新築マンションから高線量 浪江で保管の石加工
通学路補修にも汚染砕石=線量、周囲と同水準-福島・二本松

汚泥やガレキの焼却灰などは コンクリやレンガの原料になっているというから、
このような問題は 絶対に全国に広がるだろうと思っていました。

全国的に 戸建、マンション、アパートの新築物件と、埋立地には 気を付けたほうが
よさそうです。

また、福島原発事故前から、人形峠で出たウラン残土が「レンガ」に化けて、すでに
流通していたことは 以前のブログ記事で書きました。

放射能汚泥で作ったレンガ、すでにホームセンターなどで流通。


+++++++

東日本大震災:10万ベクレル以下汚泥焼却灰、セメント固化不要--環境省決定

環境省は2日、放射性セシウムが1キロ当たり8000ベクレルを超え
10万ベクレル以下の上下水道汚泥の焼却灰について、セメントで固めなくても、
雨水の流入を防ぐ措置で埋め立てできるとの方針を決めた。
汚泥の焼却灰は放射性物質がほとんど溶出しないことが分かったため、方針を変更した。
また、1キロ当たり10万ベクレルを超える廃棄物については、地中に細かく仕切った
コンクリート製の構造物を設置した「遮断型処分場」に埋め立てることとした。
福島県内で発生した場合は、除染後の汚染土壌などを入れる「中間貯蔵施設」を活用。
それ以外の都道府県で発生した場合は、新施設を建設する必要があるという。
一方、放射性物質に汚染され処分が進んでいない稲わらなどについては、焼却処理の
ガイドラインを策定する。 

12/5 毎日新聞より(現在は記事が削除されています。)

+++++++

とにかく、原発事故以降、環境省のやっていることは あまりにもメチャクチャです。

汚染を全国に拡大させ、放射性廃棄物並みの汚泥や焼却灰を コンクリや埋め立てで
再利用可能にしてしまいました。

中には 水源地近くへ埋め立てたというのもありますよね。

http://sodegaurakodomo.blog.fc2.com/


汚染コンクリや汚染された埋立地によって、周辺住民の体調に異変が出たら、
環境省は どう責任とってくれるのですか?
「放射線による被害」だと立証するのが難しいのでしょうけどね。

せめて、そのような場所には 子供をできるだけ近づけたくないものです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/703-c7b6497b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR