FC2ブログ

2019-10

「エンドファイト」は日本の農業にとって期待の星では。

先日、NHKの「クローズアップ現代」を見ていたら 非常に興味深い農業の
テーマを取り上げていました。

それは「エンドファイト」というもの。
私にとっても耳慣れない言葉で、「何?」という感じでしたが、「エンド」は
内側、「ファイト」は植物で、植物の内側で繁殖する微生物のことを言うのだ
そうです。

エンドファイトには もちろん多種類のものがあるわけですが、中には米や野菜、
果実の「無農薬栽培」に役立つことになりそうなものがあるのです。

番組では 青森県のりんご農家、木村秋則さんの例が取り上げられていました。
りんごなどの果実は 「無農薬」で育てることが非常に困難なのですが、木村さんは 
一切、農薬を使用せずにりんごを育てています。

木村さんの農園の土を調べてみると、「自然の森のような土」が再現できているのだ
そうで、エンドファイトが従来の栽培法でのりんごの2倍、確認されたらしいです。

エンドファイトが多い植物が どうして病害虫に強いかと言うと、植物の根や
葉の表面から(エンドファイトが)中に入り繁殖し、これが植物の「眠っていた遺伝子」を
活動させることになっているのでは・・・と考えられているそうです。

エンドファイトを土に混ぜておくと、成長が早くなったり、連作障害がなくなったり
という効果が確認されているとのことで、素晴らしいですね。

すでに 稲作で実用化に向けて動き出した自治体もあるそうです。
北海道 美唄市ですが、今年の夏の猛暑で周りの稲作農家が「いもち病」の被害を
大きく受けたのに対し、エンドファイトを使用した農家の被害は少なく、農薬も
減らせたそうです。

ニュージーランドでは 国をあげてエンドファイトの利用促進に努めており、牧草の
8割にエンドファイトが使われているとのこと。
羊や牛の放牧が盛んなニュージーランドでは それまで 牧草が害虫に食べられたり
していたのが エンドファイトを使うことによって害虫被害がなくなったのだとか。

このように挙げてみると、なんだか良いことずくめのような気がしましたが、
特定の微生物を大量に使用することになるので生態系への影響も考えなければ
ならないというのはあるそうで、あと、使用してもよい薬剤としての許認可の問題も
あるとは思いますが、植物の眠っていた遺伝子を微生物が活性化させ、それによって
農薬が減らせる・・・なんて、これを上手く活用すると、日本の農業の活性化、
高付加価値化につながり得るのでは・・・と思いました。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://globalcosme.blog133.fc2.com/tb.php/245-3a451bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR