FC2ブログ

2013-03

綱渡りが続くシャープ

経営危機の状態にあるシャープが韓国のサムスンから103億円ほどの出資を
受けることになった というニュースが先日ありましたね。

日本の家電大手の綱渡りな経営状態も ここまできたか・・・とショックを
受けたニュースでした。

シャープは 米アップル製品の組み立てで急成長した台湾の鴻海精密工業から
669億円の出資を受けることで合意していたのですが、シャープの株価急落で一転、
出資条件の再交渉にもつれこみ、交渉の進展がないまま、今月26日に期限を迎えます。


それで 藁にもすがる思いで アップルのライバルであるサムスンから103億円ほどの
出資を受けることになったようですが、この程度の資金調達では 「焼け石に水」と
いう状態のようです。
今年の9月末に 2000億円もの社債の償還が控えているからです。

シャープは現在の融資枠内で500億円程度を手当てする算段で、
残り1500億円程度はシャープ自身が何らかの方法で調達するか、銀行の追加融資などに
頼るよりほかはありません。

そのような状況でのサムスンからの わずか103億円の調達では 経営危機であることには 
何の変化もありません。

シャープの狙いは 出資そのものよりも サムスンからの液晶パネルの受注増と
いうところにあるようです。

アップルのiPhoneやiPad向け液晶の生産が主力だった亀山第1、第2工場が
iPhone 5の販売苦戦やアップル製品の伸び悩みによって失速。
工場の稼働率が30~50%位になっている とのことです。

それで スマートフォン市場でアップルのライバルとなっているサムスンへの
すり寄りとなったようですが、サムスンがシャープの第5位の大株主になる
狙いは やはり シャープの技術や黒字部門の買収 というところにあったようです。

シャープが断ったようですが、サムスンはシャープに「複写機部門」の買収を
提案してきていたようです。

シャープの複写機事業は、赤字の続く液晶パネル事業などと異なり、堅実に黒字を
確保している事業。
2012年度は、売上高2900億円、営業利益210億円を計上する見通し。
策定中の中期経営計画(2013―2015年度)でも、液晶パネル事業とともに、
強化事業として成長を図っていく方針だそうです。

複写機は正確で確実な機械の作動、精密な光学技術など、メーカーの技術が
凝縮された分野で、シャープに断られたものの、今後の協議で俎上に上げる可能性は
高い ということで、虎視眈々とサムスンは シャープの技術を狙っているでしょう。

シャープからは過去にも サムスンへの技術流出があったようで、
技術者の引き抜き、下請けの買収、スパイ活動等の手段によって
韓国や中国の企業は 日本のメーカーから技術を盗んでいます。


シャープやパナソニック、ソニー等、日本の大手家電メーカーが窮地に陥って
いますが、長期間にわたってデフレと円高を放置し続けた政府と日銀の無策も
大きな原因です。

日銀の総裁が 新たに 黒田東彦氏に代わり、
2年で2%の物価上昇率 というのを目標にされる とのことでしたね。
麻生財務大臣からは
「デフレからインフレに切り替えて、2%に行かせるのはかなりの時間がかかると
思っている」と、早くもその目標について懐疑的な発言が出ています。

難しいとは 思いますが 是非 達成してデフレを終わらせていただきたいものです。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR