FC2ブログ

2013-03

WBCで侍ジャパンが辛勝 / 香川がアジア人初プレミアでのハットトリック

昨日は スポーツで 日本にとっては良いニュースがありましたね。

まず、WBCの「侍ジャパン」、ブラジル相手に かなり苦戦しましたが、
逆転勝利は良かったですね。

意外だったというか、私が知らなかっただけかもしれませんが、
ブラジルは侮れない相手でしたね~。

ブラジルといえば、サッカー王国であって野球が強いイメージはなかったのですけど、
移民の日系人の方たちが 現地で野球を広めていたのですね。

小技も絡め、日本のスタイルに似た野球だと思いました。
ヤクルトに所属するユウイチやフェルナンデスをはじめ、多くの選手がプロ、
高校や社会人など日本でのプレー経験を持つそうですね。

侍ジャパンは 心配なのは 田中将大投手の調子ですね。

WBCのボールに適応できていないのか、強化試合のときからずっと乱調ですね。

球数制限を考えると、投手陣で不調の選手がひとりでもいると大きいので、
今後修正できればよいのですけど・・・。


昨日の夜はサッカーでもビッグニュースが飛び込んできました。

香川真司選手のハットトリックという大活躍です。

私は 同時刻ごろに行われていたリーガのクラシコ(レアルマドリーVSバロセロナ)を
観戦していたので、残念ながら このマンUの試合は見ませんでした。

香川のゴールは昨年9月29日のトットナム戦以来、約5カ月ぶりで今季通算5得点。

これまで、香川が出場した試合では マンUのサッカーにまだフィットできていなくて
プレーしている顔も 表情が暗いときが多かったので、
このハットトリックというニュースには 驚きましたし、誇りにも思いました。



同時刻に行われていたクラシコでは またもやレアルマドリーが勝利。
マドリーは 主力選手の半分くらいをベンチスタートにするなど、
明らかに CLのマンU戦に向けて「温存」モードでのスタメンとなりましたが、
それでもバルサに勝つとは 素晴らしいです。

マドリーのモウリーニョ監督は 3年前のクラシコ初采配で5-0とボコられた
屈辱からバルサ対策を研究し、2年前からはほぼ互角の戦いができるように
なり、そして 今回の国王杯とリーガのクラシコ2連戦での完勝 と、
バルサ対策の まさに「集大成」を見せてくれました。
批判も多いですが、あらためてすごい監督ですよね。


逆にバルサはメッシの1点があったものの、その他に チャンスらしい場面も
なく、CLのミラン戦に向けて、ますます暗雲が・・・。


現在絶好調と言ってよいマンUとレアルマドリーがぶつかる3月5日が
今から楽しみでしょうがありませんね。


スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR