FC2ブログ

2012-12

投票率を下げる意図があったのか?各地で投票時間繰り上げられていた。

12/16に行われた衆議院選挙、投票率が 59.32% と、
前回の69.28%を9.96ポイント下回り、戦後最低の投票率だったことが報じられて
います。

それだけ有権者の政治、国会議員に対しての失望感が大きかったのだと思いますが、
ただでさえ 期日前投票の段階から低かった投票率を さらに16日の投票日当日に
下げるようなことが起こっていたことが報じられています。

全国49,000ヶ所の投票所のうち、30%にあたる16,000ヶ所で投票終了時間が
「繰り上げ」されたらしいのです。

以下は ジャーナリスト、田中龍作氏のHPより。

+++++++


今回の総選挙では、投票時間を繰上げた所があまりに多いことに驚く。
ツイッター上では「国民の権利を奪う憲法違反か?」「絶句。何これ?」という
声が飛び交った。
投票率が下がると組織力、動員力に勝る自・公が優位となる。
何だかイカサマの匂いがする。

 15日付けのNHK(ウェブ版)は、全国49,000ヶ所の投票所のうち、
30%にあたる16,000ヶ所で投票終了時間が繰り上げられる、と伝えた。
これは大ニュースなのではないか。
自分が住んでいる自治体が繰り上げていることを知らずに投票所に
足を運んだ有権者はいなかったのか。

 この「投票終了時間の繰上げ」は、公職選挙法第40条1項に定められていたのだが、
そこには「特別の事情がある場合」と規定されている。
それが平成12年に施行された地方分権一括法により、各自治体の判断で
変更可能になった。

 理由を明らかにしたのは熊本県合志(こうし)市。
ここでは8時までの投票時間を7時に繰り上げた。同市のホームページを見てみると
「選挙結果を早く公表できる」「期日前投票の増加」、
「投票時間の長さが投票率向上に結びつかない」「人件費の削減」などを
挙げている。開票作業も連続勤務で、立会人も高齢で大変、云々。

 地方紙や全国紙地方版などから、投票時間繰上げのニュースを拾ってみた。
福島県―県内の全投票所(1312ヶ所)で1時間から最大4時間繰り上げ(100%)
福島県で全市町村繰り上げるのは、この衆院選が初めてのようだ。
その他、東北各県で繰り上げが目立った。
また関東では群馬県は県内99%の投票所が繰り上がるなど福島県に次ぐ多さだ。

 47都道府県のすべての記事を拾い上げることはできなかったが、ほぼ全国に
わたって程度の差こそあれ、投票時間の繰上げは行われていたとみて間違いない。

 その他の繰上げ状況は下記の通り。
秋田県―県内85.05%の投票所で繰り上げ
岩手県―県内64.47%の投票所で繰り上げ
宮城県―県内57.18%の投票所で繰り上げ
山形県―県内13.39%の投票所で繰り上げ
青森県―県内6.1%の投票所で繰り上げ
群馬県―県内99%の投票所で繰り上げ
長野県―県内1501ヶ所の投票所中、304ヶ所で1~3時間繰上げ。
 うち35ヶ所は開始も1時間遅れ
愛知県―県内1744ヶ所の投票所のうち、63ヶ所で繰り上げ
三重県―県内119ヶ所の投票所で1時間繰り上げ、534ヶ所で1~4時間繰上げ
滋賀県―県内928ヶ所の投票所中、一部で1~2時間繰上げ
石川県―県内525ヶ所の投票所中、110ヶ所で繰り上げ
福井県―県内413ヶ所の投票所中、63ヶ所で1~2時間繰上げ
奈良県―県内773ヶ所の投票所中、一部で繰り上げ
徳島県―県内512ヶ所の投票所中、一部で繰り上げ
愛媛県―県内745ヶ所の投票所中、一部で1~4時間繰上げ
大分県―県内621ヶ所の投票所中、445ヶ所で繰り上げ
    
 開票を早く終了すると、だれが得をしてだれが損するのか。
少なくとも組織力・動員力に勝る自公に有利になることは間違いなさそうだ。
朝刊が時間通り発行できる新聞、開票速報のスピーディさが演出できるテレビも
恩恵を受けそうだ。霞が関にメスを入れようとする第3極に議席を多く獲って
ほしくない官僚たちが、裏で示し合わせていたとは思いたくないが。

【投票時間繰上げ】 全国1万6千ヶ所で 自・公が得するイカサマ選挙の匂い
+++++++

投票時間が繰り上がることが 事前に有権者に発表されていたのであれば、
私は 「イカサマ」とまでは 思いませんが、
繰り上がったことを知らない有権者がある程度 いても おかしくはないですね。


また、残念な事件としては 秋田市と岐阜市の投票所で16日朝、衆院選の
投票用紙などを自宅に保管していた市職員が寝坊し、投票開始が遅れた という
ことがありました。

秋田1区の御野場中学校の投票所ではでは開始は15分遅れになり、
午前7時の予定時刻に30人近く待っていた有権者のうち、投票したのは17人だけ
だったとのことです。

岐阜1区の三輪南第2投票所でも、投票開始が27分遅れ、この間に投票所を
訪れた有権者3人のうち2人は諦めて帰ったとのことです。

このほか、長野県南牧村では、投票用紙記入台に掲示した比例代表の表に
「未来の党」を記載し忘れたほか、栃木県佐野市では、未成年とみられる女性が
「母親の代わりに」と投票するなどトラブルがありました。

まあ、投票時間の繰り上げや遅刻などのトラブルがなかったとしても
選挙結果に大きな変動はないものと思いますが、
有権者にとっての貴重な「一票」を トラブルやミスで無駄にする ということは
あってはならないと思います。

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR