FC2ブログ

2012-12

北朝鮮がミサイル打ち上げ

昨日は なんだか衝撃的なニュースが多い1日でしたね。

朝に飛び込んできた 尼崎連続変死事件の角田美代子被告の自殺。
そして 午前9時49分ごろには 北朝鮮がミサイルを打ち上げ。
昼には 京都府舞鶴市で2008年に起きた女子高生殺害事件の被告が一審の
無期懲役から、逆転無罪となる判決など・・・。

特に 北朝鮮のミサイルには 北朝鮮は10~22日までの発射を予告した
ものの、10日に、「制御エンジン系統に技術的欠陥が見つかった」として突然、
期間を29日まで延長し、韓国政府筋は11日に、「ミサイルは撤去された」と
明らかにしていただけに ミサイル発射延期の情報に なんだか出し抜かれた格好に
なりましたね。

しかし、実際は 発射台は巨大カバーで覆われ、具体的な作業状況は人工衛星で
撮影されないよう、隠ぺいされていたのです。

ミサイル撤去とみせかけて 巨大カバーの下には ちゃんと予備のミサイルが
あったのですね。

3段式のミサイルが南方向への発射後に分離し
(1)1段目=9時58分に朝鮮半島の西約200キロの黄海(
(2)衛星カバー=9時59分に朝鮮半島の南西約300キロの東シナ海
(3)2段目=10時5分にフィリピンの東約300キロの太平洋上
にそれぞれ落下。

これは いずれも北朝鮮が通告した落下区域内で、最大で約2700キロ飛行した
可能性があるとのことです。

その後、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が
「(人工衛星の)軌道に乗ったとみられる」と発表をしました。

軌道に乗ったのが衛星であるならば、北朝鮮が 韓国に先駆けて 世界で10番目の
「ロケット開発国」の仲間入りをしたことになります。

世界で「ロケット開発国」として認められる基準は、
「衛星をロケットに搭載し正常軌道に乗せられたかどうか」だそうで、
この基準によりこれまでに世界でロケット開発に成功した国は、
ロシア(旧ソ連)、米国、フランス、日本、中国、英国、インド、イスラエル、イラン
の順番です。

旧ソ連は1957年10月4日、人工衛星「スプートニク1号」を乗せた
ロケットの打ち上げに成功。

これに触発された米国は、翌年の2月1日に人工衛星「エクスプローラー1号」を
乗せたロケットを打ち上げ。
またフランスも1965年に人工衛星打ち上げに成功。

日本と中国も1970年に世界で4番目と5番目となるロケットの打ち上げに成功。
次いで英国が1971年に、インドが1980年に成功した。
その後1988年にイスラエルが、2009年にはイランがロケット開発国と
なりました。

北朝鮮は ミサイルの開発でイランと密接な関係があるようですから、
イランからの技術供与もあったのかもしれませんね。

韓国の発表によれば 今回 北朝鮮が打ち上げたミサイルは
射程1万キロ程度で、米本土の西海岸に到達する能力を 有していると言います。



これに対し、日本政府の対応は というと、
ミサイルは沖縄県の上空は10時1分に通過。
政府は発射6分後の9時55分、全国瞬時警報システム(Jアラート)で
沖縄県と県内自治体に発射情報を伝達しました。

「落下の恐れがなかったため、自衛隊は海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と
地対空誘導弾パトリオット(PAC3)による迎撃を見送った」と
発表していますが、これらの迎撃ミサイルは 
「射程が短いミサイルの迎撃はできても、射程数千キロ、高速の
長距離弾道ミサイルを撃ち落とせるかは"未知数"」ということのようですね。

北朝鮮ミサイル 急な発射に対応したか

有事の際に 日本を狙って飛ばしてくるのは 数百キロの距離の短いものなので
しょうから、距離の短いものが百発百中で命中できればよいのかもしれませんが、
軍事ジャーナリストの田岡俊二氏は 以前から パックイン・ジャーナル等の
番組で 迎撃ミサイルは いつどこから発射する という情報が分かって
初めて高確率で迎撃できるものだと言っています。

それに、もし 迎撃が 100%できると仮定しても、それに「核弾頭」が
搭載されていようものなら、大変なことになりますよね。

実質的に もし「核弾頭」が搭載されたミサイルであれば、打ち上げ前にそれを
察知して、米軍が北朝鮮のミサイル基地自体を攻撃しなければ 防ぐことは
できなくなる ということではないでしょうか。

今回の打ち上げ成功で、北朝鮮のミサイル技術が 侮れないものであることが 
はっきり分かりましたので、今後 国際社会がどのように北朝鮮に
圧力をかけていくか、注視しなければなりません。

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR