FC2ブログ

2012-09

自民党総裁は消去法で安倍氏しかいない

私は自民党員でもないし、自民党の支持者でもないのですが、最近、連日
自民党総裁選で5名の候補者が 自身の考えをテレビ等で表明されているのを
聞くにつれ、消去法で この外交・防衛問題が重要な時期に
自民党総裁に適しているのは 安倍晋三氏 しかいないのではないかと思いました。

理由は 安倍氏が 旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する1993年の
いわゆる「河野談話」について、
「強制連行を事実上証明する資料はなかった。
子孫の代に不名誉を背負わせるわけにはいかない。新たな談話を出すべきだ」
と強調されたことです。

これは まっとうな意見ですね。

河野談話、村山談話 のおかげで、日本が どれだけ これまで弱腰な外交を
強いられてきたか・・・。

「強制連行」を証明する資料など、探してもどこにもなく、韓国側が出してきた
資料が当時の新聞に掲載されていた慰安婦の募集広告だったのですが、
これが 
”慰安婦 至急 大募集・・給料は月収最低300円、3000円まで前借可能”
というものでした。

当時の月収300円というのは 激しい労働をしていた男性でも稼げない金額で
あり、女性の工場労働者が月収20~50円くらいしか稼ぐことができない時代に
これだけの高収入を得ていたということです。

当時の慰安婦たちは 3年働くと、現在の価値でいうと4000~5000万円の金額が
溜まった 等ということが下記のサイトに記されています。

従軍慰安婦の真実

また、この「慰安婦」の問題に目をつけて 日本政府を相手に訴訟を起こそうと
したのが、社民党党首の弁護士、福島瑞穂氏なのです。
(福島瑞穂氏は帰化して日本人になった方で、趙春花 という名前だったようです)

福島氏と仲間の弁護士は韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集しました。
そこで見つけたのが金学順という人で、彼女はNHKにも出演して
「親に売られてキーセンになり、義父に連れられて日本軍の慰安所に行った」と
証言。
この話をNHKに売り込んできたのが福島氏で、彼女はスタジオに立ち会って、
なんと、金にせりふを教えていたそうです。

この話は 下記の池田信夫氏のブログに詳しく書かれていますので、是非ご一読
ください。

慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士


特に 韓国は 未だに従軍慰安婦や戦後補償等とうるさく言っていますが、
「戦後補償」は1965年の「日韓基本条約」で解決済の問題のはずです。

日韓基本条約によって 日本は韓国に対し、朝鮮に投資した資本及び日本人の
個別財産の全てを放棄するとともに、韓国に総額11億ドル以上の多額の経済援助を
行いました。

当時の韓国の国家予算は3.5億ドルしかなかったときにです。

今日の韓国の経済発展は 日本の手助けなしには あり得なかったことなのです。

しかし、その後も この条約を無視し、韓国政府、韓国民による
言いがかり的な要求はあとを絶たない状況ですね。

このような中、安倍さんが「河野談話」の見直しについて言及されたことは
評価できると私は思いました。

他の候補者4名については
石原伸晃氏は「河野談話はよくできていた」と指摘するなど、父の石原慎太郎氏と
息子の伸晃氏は まったく違う外交スタンスのようですね。


石破茂氏と町村信孝氏も、新談話作成には慎重なようです。

林芳正氏は「未来永劫(えいごう)変えないと言うつもりはない」と、述べるに
留まりました。

+++++++

自民党の安倍晋三元首相は14日の共同記者会見で、旧日本軍の従軍慰安婦問題に
関する1993年の河野洋平官房長官談話について、「強制連行を事実上証明する
資料はなかった。子孫の代に不名誉を背負わせるわけにはいかない。
新たな談話を出すべきだ」と強調した。
林芳正政調会長代理は「未来永劫(えいごう)変えないと言うつもりはない」と、
述べた。

 これに対し、石原伸晃幹事長は「河野談話はよくできていた」と指摘。
石破茂前政調会長と町村信孝元官房長官も、新談話作成に慎重な姿勢を示した。
 
慰安婦問題、新談話必要=自民・安倍氏
+++++++

つまり、弱腰でないまともな外交ができそうな候補者は誰かと 
「消去法」でいくと、もう 安倍さん しかいない ということです。

 
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR