FC2ブログ

2012-09

サッカー日本代表、イラクに1-0で勝つ

昨日は サッカー日本代表のイラク戦をご覧になられた方も多いのではないで
しょうか。

まずは日本代表、勝てて良かったです。

イラクは 93年のいわゆる「ドーハの悲劇」で負けている因縁の相手ですし、
2007年のアジアカップで優勝している、侮れない相手だと思っていましたが、
それでも 予想以上に苦戦した という印象です。

ジーコ監督の戦術が当たったというか、大胆にもスターティングメンバーの10人を
入れ替え、パスの出処であるボランチの遠藤選手を徹底マークするという戦法に
前半は特に苦しめられたと思います。

しかし、岡崎選手からのパスを受けた前田選手のゴールで日本にリズムが
出始め、何度かヒヤリとする場面はあったものの、川島選手の好セーブや
審判の誤審(ハンド見逃し)にも助けられて、1-0で逃げ切ることができました。

この試合、残念ながら 香川真司選手は 「腰の違和感」ということで
ベンチにも入れませんでしたが、代わりに出場した清武選手は 素晴らしかった
です。

徹底的にマークされていた遠藤選手に代わって、攻守で素晴らしい動きを見せ、
素晴らしい精度のクロスをピンポイントで上げていましたね。

また、岡崎選手も素晴らしかった。

岡崎選手は ドイツに行ってから急成長した選手だと感じます。

Jにいたときには 「泥臭い」プレーをする選手ではありましたが、
失礼ながら ここまで 上手くなかったような・・・。

また、長友選手のサイドからのドリブル突破は さすがでしたね。
何度も見せ場を作ってくれました。

私の独断と偏見で 昨日の試合で 特に素晴らしかった選手を 選ぶとすれば
清武、岡崎、長友の三選手ですが、全体的にも 良かったと思います。

また、素晴らしかったのは 試合終了後「ジーコ」コールがスタンドから出ていた
ことですね。

ジーコさんは 元日本代表監督というだけでなく、ブラジルでのスポーツ担当大臣を
やめてまで 鹿島アントラーズの前身の住友金属に 安い年俸で来てくれ、
Jリーグの礎を築いてくれた日本サッカー界の「恩人」のひとりと言っても
よい方でしょう。

ブラジルの英雄であるジーコ氏が 日本を「第二の故郷」と言ってくれるのは
有難いことです。

そのジーコ氏に サッカー日本代表の今の成長した姿を 見てもらえたこと、
本当によかったと思います。

イラクも 素晴らしいチームだと思います。
国内情勢が不安定とか、練習環境が良くないなど、厳しい環境の中ではありますが、
きっと もっと 強くなることでしょう。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR