FC2ブログ

2012-08

日焼け止めを塗るときと、塗ってから注意することは

先週8/20にアップしたブログ記事で、
日焼け止めを購入するときの注意点を書きました。

今回は 使用する時の注意点を書きたいと思います。

まず、日焼け止めに表示されているSPFやPAの紫外線防御効果を出すためには
日焼け止めを 厚めに 塗らないといけない ということを注意してください。

SPF試験、PFA試験(PAを表示するための試験)は ヒトの背中に
「1平方センチ当たり2mg」の検体を塗って紫外線ランプに当たって
試験しています。

このような条件下で出た10名の平均値がSPFやPFAということです。

この「1平方センチ当たり2mg」というのが 実際に量ってみると
分かりますが、けっこうな「厚塗り」なのです。

顔の面積を 平均380平方センチだとすると、顔全体に塗るのに必要な量は
760mg、つまり0.76g ということになりますが、おそらく多くの方は
この半分とかそれ以下しか、日焼け止めを塗っていないと思います。

自分が 何も意識せず 普通通りに 自分の適量という感じで
顔に日焼け止めを使用してみて、日焼け止めの使用前後で 
容器ごとg数を量り、いったい1回に何グラム使っているか、
実際に調べてみました。
下記が その結果です。

1日目:0.3g 使用
2日目:0.2g 使用
3日目:0.3g 使用
4日目:0.3g 使用
5日目:0.3g 使用

いつも「目分量」で自分なりの「適量」を使用していたら、
その「適量」は ほとんど0.3g になっていることが分かりました。

これでは SPF試験で実際に塗っている量の 半分とかそれ以下しか
塗れていないことになります。


ということは 製品に表示されている紫外線防御指数通りの効果を出そうと
思ったら、自分が「適量」だと思った量を2回重ねないといけない という
ことです。

もちろん、実際にSPF試験の半分の量しか塗れていないからといって、
紫外線防御効果がない わけではありません。

ナチュラルコスメ紫外線防止の製品にありがちですが、
重ねてつけると ポロポロと垢のように剥がれてきたり、
べたべたした感触になってそんなに多量は肌につけられなかったりします。

ですから、そのような場合は 約半分の量しか肌につけられない という
ことを前提にして、SPF値を選んだほうが よいということです。

つまり、「生活紫外線」であれば 理論的にSPF 5~10でもよいのですが、
もし 自分が購入した日焼け止めが 半分しか 快適には肌に付けられない
ような商品、具体的には それ以上つけるとべたつく、とかポロポロ剥がれる 
と言う場合、SPF値も その半分とか、それ以下で判断しなければならないと
いうことです。

SPF試験を行っている量の約半分とかそれ以下で使用する、ということであれば、
生活紫外線であっても、SPF 15~20くらいが表示されている商品が適している 
ということになりますし、とにかく、二度塗りするくらいの厚塗りが 
できないと、表示されているだけのSPF値は 出ない ということを覚えて
おいてください。

あと、高いSPFの商品でも 塗った後に できれば3~4時間おきに
塗り替えてください。 と、書いてあることが多いですね。

これは 面倒でも 行ったほうがよいです。

紫外線吸収剤が入っている場合は 紫外線を吸収し、それを熱に替えるなどして
エネルギーを放出しているのですが、時間が経つとともに分解したりして
紫外線吸収力が弱まります。

また、汗や皮脂や日常生活で流れる、取れる ということで言うと、
取れやすいのが 油っぽいTゾーンの部分と頬の部分です。

そんなに油っぽくない頬の部分が取れやすい というのは 意外に
思われるかもしれませんが、携帯電話を頬に当てて通話していると、
その部分から 剥がれてくるのです。

以前 テレビ番組で OLの女性が 日焼け止めを塗った後、普段通りに仕事を
して、どの部分から日焼け止めが剥がれてくるか、実験をしていたのですが、
Tゾーンよりも真っ先に剥がれていたのが 電話の受話器をよく当てている
頬の部分で、塗ってから1時間くらいで 半分くらい剥がれてしまって
いました。

ですから、日焼け止めを塗っているときは 携帯電話もイヤホンマイクを
使う等の工夫をしたほうがよいと思います。

日焼け止めの「塗り直し」についてですが、
日焼け止めの上にファンデーションを重ねているような場合は
洗顔からやらないといけないのでは?と思っている方がいらっしゃるようです。

ですが 洗顔など、もちろん必要ありません。

油取り紙で押さえ、メイクの上からの日焼け止めの塗り直しで良いのです。

メイクがよれなければそれでOKですが、どうしてもヨレが気になる場合は
ふき取り化粧水でふき取ってからの塗り直しでよいでしょう。

SPFが30以上になると、「紫外線防御率」は90%以上になって、その上は
やや右肩上がりにしかなりませんので、レジャー用でも SPF30程度で
基本的には 対応可能です。
(下のURLの、ページの半分よりやや下の右側のほうにSPFと紫外線防御率の
グラフがありますので、ご覧ください)

http://cosme-science.jp/column/1000skin/1030x01.html

しかし、それは 2回重ねて塗る位の「厚塗り」になること、
また、3時間位で塗り替えるのが望ましいこと、
この2点を 覚えておいてください。


こだわりの無添加コスメ Global Beauty

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR