FC2ブログ

2012-07

じゃがいもがウナギの蒲焼に変身?

今日7/27は「土用の丑の日」ですね!

しかし、ウナギが高い! 

私もウナギは好きだけど、とても買う気になれない値段です。

下記はウナギの稚魚の取引価格の推移です。

ウナギ価格推移

完全養殖が確立していないウナギは稚魚のシラスウナギを養殖するだけなので、
稚魚の価格が ここまで高騰すると、そりゃ、店頭価格も上がりますね。

昨日ニュースを見ていたら、ここ数年、ウナギの輸入量が大幅に増えた国が
あって、それがロシアなのだそうです。

モスクワの高級日本料理店ではウナギの寿司が人気。
その店では、ウナギの握り寿司が2巻で2000円、押し寿司は3000円という、
とんでもない高値です。それでも、この店の人気メニューになっています。
世界で一番金持ちが多いとされるモスクワでは、いくらウナギが高くなっても、
こうした高級店での注文は減らないということです。

ウナギ価格高騰に“大国”の影

ここ数年 続いているウナギの高値、ワシントン条約でウナギの取引を
規制しようという動きも出ていますし、まだまだ続くのでしょうね。

ウナギの養殖に関しては 良いニュースもあります。

+++++++

水産庁は25日、養殖ウナギの卵をふ化させて成魚にする「完全養殖」で、
稚魚のシラスウナギを年間1万匹生産できる技術を5年後に確立する方針を
明らかにした。
稚魚を安定供給し、ウナギ価格の高騰を抑えるのが狙いだ。
最大でも年間600匹にとどまっている生産量の拡大を目指し、民間企業の
参入も促す。

 ただ、完全養殖による稚魚の生産コストは現在1匹当たり数万円と高い。
ウナギの養殖業者が仕入れる稚魚は年間1億匹とされ、1万匹の生産では
追い付かない。ウナギが手ごろな価格で味わえるまでには依然課題が多そうだ。

 完全養殖は2012年度予算で手当てされたがウナギの生態は謎が多いため、
水産庁は13年度予算の概算要求にも調査費の計上を検討する。

 日本の食卓に上るウナギは、河口で取った稚魚を育てた養殖ものが99%以上を
占めている。
今年は国内のほか主な調達先の中国でも稚魚が不漁で価格が急騰。
かば焼きなどに使われるウナギの卸価格は一時1キロ6千円前後となり、
例年の3倍に跳ね上がった。

 研究を担う水産庁系の独立行政法人、水産総合研究センターは
「ウナギの生産拡大には、完全養殖の実用化が有望だ」と分析。
稚魚に成長するまでの生存率を上げることが最大の課題で、新しい餌や大量飼育の
ための水槽の開発に取り組む。

 完全養殖の研究は1960年代に始まり、総合研究センターが2010年3月に
世界で初めて成功した。採卵技術を改善したことに加え、ふ化後はサメの卵を
好んで食べることも突き止めた。

 稚魚までの生存率は当初の0・001%から現在は数%にまで向上。
稚魚まで1匹を育てるのに約1千万円かかっていたコストも大幅に圧縮された。

 価格高騰を受け、割安のウナギを米国やアフリカなどから輸入する業者も出ている。
ただ米国は絶滅の恐れがある野生動植物の国際取引を規制するワシントン条約の
適用を検討しており、入手が困難になる懸念がある。

ウナギ稚魚1万匹生産 5年後、完全養殖確立へ
+++++++

ウナギが食べられないけど、「ウナギの蒲焼風」になる料理、テレビで紹介して
いましたよ。

1.じゃがいもをすりおろす。(皮ごと)
2. 海苔(うなぎの皮に見立てたもの)の上にそれを乗せる。
3.油で揚げる
4.蒲焼のたれは しょうゆとみりんを1:1で。
5.たれを刷毛で塗る。


これで うなぎの蒲焼風料理 が完成です。

私はまだこの料理を試していませんが、テレビでは実際に町の人、何人かに
食べてもらい、
「たしかに、うなぎっぽい」とか、
「うなぎとは少し違うけど、触感は似てる」
という声が挙がっていました。

興味がある方は 是非試してみてください。

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR