FC2ブログ

2012-06

刑法犯の半分近くが再犯する。

またか!というような無差別殺人事件が大阪・ミナミで起こってしまいました。

容疑者は  自殺したくても死にきれずに殺人を犯せば死刑になると思った、という
どこかで聞いたことのあるセリフと思ったら、池田小殺傷事件の宅間守や
秋葉原の通り魔事件やそれを参考にしたと言われる茨城県・土浦の通り魔事件の容疑者と
同じような理由じゃないですか・・・。

容疑者は覚せい剤取締法違反で5月下旬まで新潟刑務所に服役していた
とのこと。

刑法犯の半分近く、49.6%もが 再犯をしている という現状も問題ですね。

我が国の犯罪状況と再犯率の概要

「家も仕事もなく、所持金は20万円。生きていくにはどうしたらいいのか。
前日に知人を訪ね、たまたまミナミにたどり着き、自殺のため包丁を購入した」
と容疑者は言っているようですが、20万円もあったら、地元の栃木県で
アパートを借りるための敷金としても十分だと思いますし、それが無理でも
住み込みや寮付きの仕事なんて、選り好みせずに探せば、いくらでもあると
思いますが・・・。

窃盗などの軽犯罪でも、出所後 衣食住に困ることもない刑務所に戻りたくて
何度も再犯する人がたくさんいます。

誰でも この厳しい雇用状況の中で必死に生きているのに、
刑務所から出所するときに仕事まで紹介しなくては 生きていけないほど
甘い考えの刑法犯が増えてしまったのでしょうか。

こんな理不尽な理由で無差別に命を奪われてしまった おふたりの方が
お気の毒で仕方ありません。

また、こんな事件が多発していては いつ 自分も 被害者になってもおかしくない
ということですから、恐怖を感じます。

大阪府の松井知事が
「死にたい言うんやったら自分で死ね。自分で人を巻き込まずに自己完結して
ほしいですね。」という発言をされたそうですが、本当にその通りです。

「死にたいなら自分で死ね」-松井大阪知事・大阪無差別殺害

きっと 今後は 人権派の弁護士なんかが出てきて、「精神鑑定」を要求しそうな
嫌な予感がしますね。

凶悪犯の人権が人権派弁護士等によって擁護され、被害者の人権は軽く
扱われる現状はおかしい、というのが 一般市民の普通の感覚じゃないで
しょうか。

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR