FC2ブログ

2012-03

原発再稼働への地元合意、「半径10キロ」でOKと政府

政府は16日、定期検査で運転停止中の原子力発電所の再稼働の手続きで、
事前に説明して合意を得る地方自治体の範囲を、
原則として原発から「半径10キロメートル」圏内
とする方針を固めたそうです。

ふざけるな!という感じですね。

原発再稼働、事前説明は10キロ圏自治体に限定 政府方針 30キロ圏自治体は反発

今回の福島第一原発事故で分かったように、ひとたびメルトダウンのような大事故が
起きれば、半径30キロどころか、半径250キロくらいまで、ホットスポットが
出来てしまっているわけですよね。

原発事故直後の首相官邸は、事故が深刻化した場合、首都圏までが避難対象となる
最悪のシナリオも想定していたし、当時の菅首相のもとで、枝野官房長官(当時)や
福山官房副長官(当時)が天皇陛下に関西方面へ避難していただくことを非公式に検討し、
その是非について、関係者と協議していた・・・ということまで報道されています。

半径10キロの自治体など、もともと 原発立地でお金をばら撒いてきて、
地元経済の為に 原発再稼働してほしい というところばかりなのではないでしょうか。

福井県の大飯原発で事故が起こった場合、大阪も広範囲に汚染される とのシミュレーションを
滋賀県も発表していますよ。

大飯原発で事故なら大阪も広範囲被曝 滋賀県が拡散予測


レベル7の福島第一原発事故やチェルノブイリクラスの事故でなくても、
東海村JCO臨界事故程度(レベル4)のものであっても、
青森県の大間原発で事故が起きれば、 対岸の函館市は確実に汚染されるでしょうし、
玄海原発で事故が起きれば、私の住む福岡市は汚染されるでしょう。

関電は 原発再稼働がなければ
「今夏の(電力)需給バランスは大変厳しい状況になり、国民生活や経済、産業に
多大な影響を与える」等と、なんだか産業界や市民に「圧力」をかけたような
発言を行っています。

関電、原発ゼロで夏に電力不足41日 「生活、経済に多大な影響」

大阪市の橋下徹市長は16日の記者会見で、政府が再稼働を探っている
関西電力大飯原発3、4号機(福井県大飯郡おおい町)について、
「本当に電気が足りないのか、いつまで再稼働が必要なのか。
そういう情報開示なしに再稼働したら民主党政権はもたないと思う」と牽制しています。

橋下市長、原発再稼働で首相恫喝!「政権もたない」

大飯原発で事故が起きれば大阪は汚染されるわけですから、これは当然ですね。

「ストレステスト」など、そもそも コンピュータのシミュレーションなわけですから、
入力するデータ次第でどうにでも結果を誘導できる、政治的な茶番劇でしょう。

また保安院! 大飯原発の再稼働が許されない理由が、また新たに判明した。


後藤政志さんが語るストレステストの問題点


Video streaming by Ustream
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR