FC2ブログ

2012-03

ベーシックインカムで小さな政府を実現できるか。

大阪市の橋下市長が 先日テレビに出演されて「ベーシックインカム」制度を
実施したいと言っているのを見て、面白いなと思いました。

橋下徹氏が手に入れた 「ベーシックインカム」という新兵器

しかし、ベーシックインカムを導入して 国民全員に最低限生活できるだけのお金を
配る目的は それによって年金や雇用保険、生活保護を廃止して、それらに
関連する中央や地方の役所をバッサリ斬って、行政のムダを徹底的に排除してこそ、
初めて効果を発揮するのだと思います。

しかし、橋下さんが 仮にこの先、総理大臣にまでなったとしても、
今まで省庁の統廃合や独立行政法人などの統廃合などの例を見ても分かる通り、
官僚や役人は 自分の身を削るようなこと、天下り先を減らすようなことは 
一切やらないでしょう。

「小さな政府」にならなければ ベーシックインカムは 単なる「ばら撒き」で
終わってしまいます。

行政のムダを徹底的になくし、高級官僚や高給をもらっている地方公務員の管理職
連中の意識を変えるには 私は それらになるための公務員試験制度 そのものを
変えるべきだろうと思っています。

まずは この試験に通ればエリート官僚になることが約束されている国家公務員
Ⅰ種試験ですが、これは廃止するのが望ましいと思います。

高級官僚になるために 小さいころから塾に通って東大に入り、最難関の国家公務員
Ⅰ種試験に合格したら、あとは 事務次官にまではなれなくても、自動的に退職後の
天下りポストの世話までしてくれ、色々な独立行政法人やその他の特殊法人、
官と癒着した民間企業の理事や役員になって、渡り歩き、行く先々で何度も退職金を
もらって懐を肥やす という人生が約束されている。こういった高級官僚たちが
天下りポストを増やし、さんざん税金を食い物にする仕組みを作ってしまったのです。

このようなことは 自身も東大卒で経産省に入った元官僚の古賀茂明さんも
おっしゃっていました。
官僚では「天下りポストを増やした人が評価される」のだと。

小さいころから進学塾に行って教育費に人よりお金をかけ、東大にまで行ったのだから、
普通の人の何倍も年収をもらって安泰な生活が約束されて当たり前、という意識を持つ人が
高級官僚になってしまう ということがそもそも問題なのです。
(高級官僚が全員そう、とまでは言いませんが・・・)

私が提案したいのは 全ての公務員試験は 高卒くらいの基礎学力があれば誰でも
合格できるような程度の学科試験と面接、履歴書、適性検査のみにし、年齢制限も
なくすのです。

そして、お勉強ができることや、どこの大学を出たか ということを重視するのでは
なく、これから「公僕」として、社会にどう貢献したいか という意欲や
それまで行ってきたボランティア活動などの社会貢献の実績を重視して選考する。

そうすれば 公務員には お勉強ができる人ではなく、市民の役に立ちたい、という
公僕にふさわしい意識を持つ人材が増えるはずです。

まずは公務員試験を全面的に改革し、今の高級官僚や地方の県庁などで働いている、
高給取りの上級職の役人の皆さんの意識から変えることでもしないと、今の日本は
ひとりの強力なリーダーシップを発揮する独裁者的な政治家が現れたとしても、
その下で行政をつかさどる役人たちが今と同じ面子なのでは 
思い切った行政変革も できないものと思います。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR