FC2ブログ

2012-01

原油価格上昇のおそれ

イラン情勢が 緊迫してきました。

イランはホルムズ海峡でミサイルを発射する軍事演習を行ったり、
欧米がイラン産原油禁輸へ向けた動きをするのであれば、その対抗措置として、
中東からの原油輸出航路となる、ホルムズ海峡の海上封鎖の可能性に言及するなど、
欧米との対立姿勢を明確にしてきています。

「西側がイランへの圧力によって目的を遂げることはない」

イラン原油、輸入大幅削減へ…米に制裁回避要請

<ホルムズ海峡>「封鎖なら軍事行動辞さず」米国防長官

2012年のイラン攻撃は何故うまくいかないのか?

無視できないイラン情勢=新たな不透明要因が顕在化

イラン原油輸入制限に理解=日商会頭


もし ホルムズ海峡が封鎖されるようなことになれば、日本の原油タンカーの
8割がそこを通っているだけに、原油価格の高騰は避けられないと思います。

また、イスラエルには不穏な動きがあるようです。
イランとの「戦争」準備のために、原子炉を閉鎖したという情報がブログに
ありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/33414216.html


イランも含め、中東の産油国は 日本や日本人に対し、本来は友好的な国家だと
思います。

しかし 日米安保で米国と共同歩調を取らざるを得ない日本の今の状態では 
外交的に、反イスラエルである中東の国々との関係悪化が今後も懸念されるでしょう。

とにかく、原油の高騰は 経済や私たちの暮らしに与える影響がハンパじゃなく
大きいですから、イランへの攻撃はもちろん、制裁も なんとか避けてほしいものです。

日本の果たすべき役割は 「米国追従」だけではなく、イランと米国との間に入って
対話が進むように仲介することなのではないでしょうか。

その役割が日本の総理大臣、野田さんに期待できそうにないですし、政権与党の誰も、
このイラン情勢に関し、「圧力より対話」ということを言っていないのが 残念です。


スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR