FC2ブログ

2011-05

原発で作業員の方が亡くなられる

福島第一原発事故の後、先日 作業員の中で3人目の死者が出てしまいましたね。
まずは お亡くなりになられた60歳代の作業員の方のご冥福をお祈り申し上げます。

死因は「心筋梗塞」とのことですが、以前タービン建屋地下で2名の作業員の方が
お亡くなりになられた事故では お名前が報道されていたのですが、今回は
年齢の発表しかなく、お名前の報道がありません。
私の勝手な想像かもしれませんが、日雇い労働者の集まる町から連れて来られた方の
可能性もあるのかな、と思いました。

1日目は3時間のみの作業、2日目の朝、作業開始から50分ほどで倒れられているので、
被曝が原因ということはなさそうですが、今原発で短期の労働をされている方には
「将来白血病になっても、補償は請求しない」との「承諾書」を書かされているそうで、
本当にひどい話だと思います。

東電の社員は3万7千人近くいます。

それだけ多くの社員がいながら、危険な現場で働くのは いつも「協力会社」という
名の下請けですよね。

下請け、孫受け、ひ孫請け くらいまでの階層かと思っていたら、7次受け、8次受け
なんてのもあるとのことですよ。
驚きました。

昔は 送電線の保守点検作業などを社員がしていたそうなのですが、感電事故などが
起こり、労働組合が強い電力会社では 危険な作業を社員にさせられなくなったのだそう。

それで下請けに投げるようになったのでしょうけど、下請けも 事故が起こったときに
労災を申請することが少ないようです。

敢えて労災を申請しないのはなぜか・・・それは 労災が認められると もう電力会社の
仕事が受注できない、というのがあるからです。

東電の社員は30代前半で1千万円を超える年収を貰い、退職後の年金も月40万円とか、
恵まれた環境にありますが、下請けの下請けなんかで働く人たちの 労働環境は
劣悪、危険な仕事のわりに報酬も少ないというこの状態、何とかならないものでしょうか。

せめて第一線で身体をはって危険な作業をされている作業員の方達には ベッドの上で
寝るとか、シャワーやお風呂に入り、手作りの食事で栄養も十分取る・・・という、
日常生活ではごく当たり前の環境を提供して欲しい。

床の上に布団も無く多数の作業員が雑魚寝、中には防護服を着たまま廊下で寝たり、
シャワーは2週間に1度、食事もレトルト食品 という酷い労働環境では 元々高血圧など
既往症のある方ですと、ストレスで心筋梗塞になってもおかしくないですよね。

即刻 改善すべき問題でしょう。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR