FC2ブログ

2011-05

外で遊べない福島県の子供たち

福島の原発事故を受けて内閣官房参与に任命されていた専門家が 政府の対応を
非難して辞任されたそうです。

小佐古参与「官邸の対応場当たり的」と辞職届

小佐古氏は原発推進の「御用学者」のひとりだと私は思いますが、その推進学者にまで
「政府の対応は法にのっとっておらず、誰が決定したのかも明らかでなく、
納得できない」という発言をされてしまいましたよ、この政権は・・・。

武田邦彦さんのブログでも何度も書かれていますが もともと 
年間1ミリシーベルト以上の放射線を浴びてしまうところは「放射線管理区域」
なわけです。

この もともとの基準に当てはめると、東京都でも それに近い数値にすでに
なっているのですよ。
それが国会でも取り上げられました。

「東京はすでに被曝していた。」管理区域同等レベル(1/2)
「東京はすでに被曝していた。」管理区域同等レベル(2/2)

従来の基準に当てはめると、東京都まで 放射線管理区域と同等であることを
経産省が国会で認めたわけです。

それが 
大人については年間50ミリシーベルトまでは許容
子供については年間20ミリシーベルトまで許容

と、言い出したわけですが、それが どのような根拠によって誰が決定したもの
なのか、市民グループが文部科学省に追求したら、答えられずに担当者が
しどろもどろになっている動画もネットにあります。

子どもの安全基準、根拠不透明〜市民の追及で明らかに(前編)
子どもの安全基準、根拠不透明〜市民の追及で明らかに(後編)

さらに、国の設定した、この子供に対する基準「20ミリシーベルト」には 
食物などや土ホコリなど による内部被ばくなどは含まれてないことがも判明したのです。

この 大人に対する年間50ミリ、子供に対する年間20ミリシーベルト という政府が
定めた基準が 如何に無茶苦茶か、というのは 事故前の実績で見ると、
「放射線管理区域内」で仕事をする「放射線業務従事者」でさえ、従事者の99%以上は
年間「5ミリシーベルト」以下の被ばく量であったことから、分かります。
放射線業務従事者の被曝線量(平成21年度)

つまり、原発事故が起きる前までの実態と比較すると、放射線管理区域内で作業を
するような職業の人たちよりも4倍もの高い被曝を日本の子供に許容し、10倍の被曝を
大人には許容した・・・ということなのです。

本当に政府、原子力安全委員の連中は 無茶苦茶すぎます!
言い方は悪いかもしれませんが、時間をかけた殺人 みたいなものではないですか。

このようなずさんな根拠、責任の所在が誰にあるのか、すらも分からない状況で
日本国民に対する「被曝の許容量」が定められたのです。

特に心配なのは やはり子供たち。
子供は放射能に対する感受性が高い、というのは 御用学者も含め、どの専門家も
認めているところですから。

福島県下の学校では 75%が放射線管理区域レベルの濃度になっています。
確実に広がる放射能、福島県内学校の75%が放射能「管理区域」レベルの汚染

郡山市では市長の決断で校庭の表土を剥がして除去したりしているようです。
郡山市、校庭28か所の表土除去へ
これに対し、文科省の大臣が、「現状でも安全なのだから、余計なことをするな」と
言ったそうですね。
武田邦彦氏ブログ 「超・ねじれ思考  児童の被ばくは多い方が良い??」

また、小中学校で独自に 放射線量を測って ネットで発表していたりしていたのを
文科省の圧力で中止させました。

このようなことが 子供の健全な教育、成長を支えるべき文部科学省のやるべき
ことでしょうか?
本当に 腹がたって仕方がありません。

東電と政府、官僚が起こした「人災」によって、育ち盛りの子供達が 外で遊ぶ
こともできず、体育の授業も体育館内で行わなければならない福島県の子供達。

また、「風評被害」に悩む農家を助けようと、給食では地元の食材を積極的に使う
でしょうから、給食に使用した野菜等からの内部被曝も 西日本の子供達と比べると 
はるかに大きくなるものと思います。

福島県は東西に広い県ですから、西のほうの地域は むしろ茨城県よりも
低い放射能濃度くらいのところもあるようですので、現状、福島県全部が危ないと
いうわけではないですが、政府、官僚、東電のずさんな対応の一番の被害者になって
いる、福島県の子供たちの将来が 気がかりでなりません。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR