FC2ブログ

2021-05

小鼻の角栓は根気強くお手入れを。

小鼻の毛穴詰まりに悩んでいる方、けっこう多いのではないでしょうか。

私もそのひとりでした。

ドラッグストア等の化粧品売り場に行くと、数々の毛穴ケアの商品がありますね。
中には「角栓を溶かす」と書いてあるクレンジングオイル等もあります。

しかし、オイル状のもので 毛穴の角栓を溶かし出すことはできません。

なぜならば、「角栓」は 単に皮脂が詰まっているものではなく、
皮脂と角質の混ざり合ったものが毛孔(毛穴)に詰まったものだからです。

ですから、必要なのは 角栓が詰まった小鼻の部分の角質を柔らかくして
少しずつ除去することです。

石けんのアルカリは 角質を柔らかくする作用がありますので、
角栓除去の目的にぴったりなのです。
もちろん、当社の石けん Global Beauty マイルドソープは石けんの純度が高い上に
泡立ち・泡持ちが良いので、とてもおすすめです。

強い酸には角質を溶かす作用があるので、これを応用したのが
美容外科等で行われているピーリングですが、これは角質層上部を火傷状態にすると
いうリスクがありますので、信頼できる医療機関で慎重に行う必要があり、
気軽に・・・というわけにはいかないでしょう。


やはり そうなると おすすめできるのは 石けんのマイルドな泡による
角質柔軟化です。

私のブログでは 以前 小鼻限定で行う「石けん泡パック」という方法を
ご紹介しておりますので、是非 ご覧ください。


多くのお客様から 泡パックの直後、角質が角栓と一緒にポロリと取れて
びっくりした というお声をいただいております。

泡パックで角質を取った後は 収れん(毛穴引き締め)効果のある化粧水を
すぐにたっぷりつけてください。

Global Beauty スキンローションは 収れん効果のある化粧水です。

小鼻の泡パックで角質除去を行った後に その部分に湿布をするような感じで
薄く裂いたコットンに Global Beauty スキンローションをたらして
「ローションパック」を行なうことをおすすめします。

一度 泡パックを行い、その後 収れん化粧水をつけても 化粧品に使用される
収れん成分自体の収れん作用は一時的なものなので、また すぐに毛穴が開き、
またその中にメイク汚れや角栓が詰まるものと思います。

しかし、お肌に負担をかけないマイルドな毛穴ケアには 焦らないことが大事です。

石けんでのマイルドな角質除去→収れん化粧水 というケアを週に1回程度、
粘り強く繰り返して 数か月単位で 徐々に改善していきましょう。


こだわりの無添加コスメ Global Beauty

シンプルな生活で節約

4月1日に消費税が3%増税され8%になってから今日で1週間ですね。

やはり 3月の駆け込み需要で4月になってからは その反動が
小売業界の各店舗に来ているのでは・・・。

一消費者として 気になるのは 便乗値上げ的なお店も一部にあることですね。

これは 3月下旬の駆け込み需要の時から そのような傾向がありましたが、
普段よりもやや高い値段で 駆け込み需要で日用品などを売りさばき、
4月1日以降は 増税分よりもさらに値上げした というところも・・・。

また、「税抜き」での表示が認められたことによって、
店ごとに 税込 だったり 税抜 だったりと、とても分かりにくい表示に
なっています。


中には 以前 「税込」で表示していた価格の数字をそのままに 表示を
「税抜」と変えたようなところも 出てきているようですので、注意して
ください。


増税前に 日用品を 何か月分も買いだめした一家の様子が放送されて
いるテレビを見て個人的に思ったのですが、使う日用品をシンプルに
することでかなり 洗剤等に使う費用は 節約できるのではないでしょうか。

多くのお宅では シャンプー、リンス、洗濯用洗剤、食器洗い用洗剤、
お風呂用洗剤、トイレ用洗剤 等と、 「洗う」という目的のために
何種類も洗剤を使い分けています。

しかし、このような使い分けは無駄なので、「洗う」は 
全て 粉石けんや液体石けんに替えてしまうのです。
そして 補助的に クエン酸や重曹、炭酸ナトリウム、
酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム) 等を使います。

こうすることで

シャンプー:固形石けん または 液体石けん

リンス:クエン酸を薄めたもの

洗濯用洗剤:洗濯用粉石けん(炭酸塩が30%位含まれているものがベター)
 漂白、洗濯漕のカビ取りは過炭酸ナトリウムで

食器洗い用洗剤:手洗いの場合は 洗濯用粉石けんで代用
 食洗機には 過炭酸ナトリウムを 
 重曹はクレンザー代わりに使える
 クエン酸は ポットの汚れ落としやステンレス鍋の曇り取りに使える

お風呂用洗剤:固形石けんまたは液体石けん
 重曹はクレンザー代わりに

トイレ用洗剤:液体石けん 
 水垢汚れはクエン酸で


等という具合です。


このようにすると、何種類も 洗う場所別に応じた洗剤を買い揃える必要が
ありません。


Global Beauty マイルドソープを洗顔だけでなく、洗髪や身体洗いに
利用されているお客様がいらっしゃいますが、そのような使い方も
もちろんOKです。

洗髪に使う場合は リンスはクエン酸やお酢を利用してください。

とても さっぱりと洗えますし、酸でのリンスは すすいだときに
地肌や手に 嫌な「ぬめり」が残らなくて、とても気持ちよいですよ。(^^)

私も 十年以上も 頭は石けんで洗ってリンスはクエン酸でリンスする と
いうヘアケアを続けていますが、今となっては 通常の一般的な
シャンプー・リンスを たまに外泊先等で使用したりすると、
汚れがすっきり落ちていないような気がするし、手もぬるぬるするしで、
気持ち悪くて仕方がありません。(^_^;)

以前、普通に シャンプーやリンス、トリートメントなどを購入していた
ときよりも 格段に 使う金額が安くなりましたよ。

石けんや酸素系漂白剤、炭酸ナトリウム、重曹、クエン酸等は
色々な用途に使えて害もなく汎用性があるから、これらを揃えておくだけで、
人用の、また、家庭用の、様々な汚れ落としに対応できる というわけです。

様々な用途別の洗剤を揃えるのはやめにして、これらに替えるシンプルな生活に
するだけで、日用品の洗剤類に使う金額も けっこう節約できるのでは、と
思います。

シンプルな生活は 人にも家計にも 優しいです。 


こだわりの無添加コスメ Global Beauty

消費税増税と化粧品

4月1日の消費税増税が近づいています。

当社の化粧品は 1000円台~3000円台と、お求めやすい価格なので
巷で言われているような「増税前のまとめ買い」とは あまり関係ないかな、と
思っていたところ、この3月、思った以上に「まとめ買い」をされるお客様が
多くて驚きました。

いつもの1.5倍くらいの売上になっていて、ありがたい限りですが、
この反動が4~5月にくるのかと思うと、ちょっとこわい。(笑)

なお、消費税増税に伴いまして、当社直営ネットショップが使用している
ショッピングカートの会社がこれに対応するために、メンテナンスを行います。

平成26年3月31日(月) 午後 23:55 ~ 平成26年4月1日(火) 午前 7:00(予定)
の間、当社直営ネットショップは ご利用できなくなりますので、
ご注意ください。


増税前に 色々なものをまとめ買いされている方、けっこういらっしゃると
思います。

化粧品については 食品とは違い、まとめ買いには向いた種類の
生活必需品だと思います。

食品の場合は まとめ買いをしたくても 消費期限を気にしなくては
いけません。
また、冷蔵品だと保管場所も限られます。

しかし、化粧品の場合、 薬事法の規定で、多くの化粧品は 製造後3年以上は
品質が変わらないということを条件に、製造されています。

例外として、化粧品の一部には 「消費期限」を表示したものがございます。
その消費期限を表示された化粧品は 
「製造後3年以内に品質が変化する可能性がある」ということで、
消費期限を表示しているものです。

しかし、市販の多くの化粧品には 消費期限は表示されていません。
ということは 製造後3年以上持つ ということであって、
それ以内に変質したような場合は メーカーが製品の交換・返品などと
保障しなければならないということです。


もちろん、当社の化粧品のことではありませんが、業界の内情をよく知っている
私からすれば、化粧品のまとめ買いをされたい方にアドバイスしておきたいことが
あって、「製造後3年」 ということは あまりにも 人気がない商品、
もしくは有名メーカーの商品であっても、商品の回転率が悪いお店では
店頭にある商品が すでに製造後2年とか、2年半とか,3年近くたっている と
いう場合もあるということです。

お客さんが少なく、見た感じ、閑小鳥が泣いているような化粧品店で
売られているものは 古い商品 かもしれない ということですね。

ですから、たとえ有名メーカーの商品であっても まとめ買いしたい商品は
回転率の良さそうなお店で購入したほうがよい ということです。


冬の肌の乾燥対策、気を付けることは洗顔と保湿

数日暖かい日もあったりしますが、まだ全国的に 厳しい寒さが続いて
いますね。

冬の時期に 一番多い肌トラブルは やはり「乾燥」や「肌荒れ」ですが、
不適切なスキンケアや生活習慣で お肌の乾燥を招いているケースも
多いです。

冬の時期に最も気を付けなければ 洗顔方法で、できるだけ肌に負担を
かけない方法で「泡洗顔」が出来ているかどうか、まずはチェックしてみて
ください。

●泡立てネットを必ず使用する。

●たっぷり、クリーミーな泡を立て、その泡で「押す」ような感じで洗顔

※この 「泡で押す」 というのがとても大事です。
泡でこすったりなでたりするのではなく、優しく泡でプッシュするのです。

●すすぎは ひと肌よりもややぬるめくらいの温度の流水でしっかりと。

※熱めのお湯はNGです。

●柔らかいタオルで押すように水分をふきとる。

●時間をおかずに すぐにローションをつける。

※これも大事です。時間をおいていると、どんどん肌から水分が逃げて
いきます。


Global Beautyのスキンケアの場合は 

石けん洗顔→ローション→美容乳液 という流れになりますが、

皮脂膜の代わりにお肌を保護するためのスクワランや細胞間脂質の働きを
サポートするセラミドが入った「ボタニカルエマルジョン」をつけて
シンプルな3ステップのスキンケアが完了 ということになります。


また、冬にはスキンケア以外で気を付けなければいけないことがあります。

それは 部屋の湿度です。
エアコンの効いたオフィスや自宅に長時間おられる方が多いと思いますが、
エアコンでの暖房は 湿度をどんどん取って、湿度が30%とか、それ以下
になっている事が多いですね。除湿しているのと同じことです。

ですから、エアコン暖房の場合、外の湿度よりも部屋の中の湿度のほうが
低いことが多くなっています。

灯油を使った石油ストーブやファンヒーターで「FF式」でない場合は 
部屋はそこまで乾燥しません。
燃焼した灯油と同じだけの水分を放出していることになります。

お肌にとっては 湿度は50~60%くらいあるのが最適で、
そうなると、お肌が乾燥する方は 石油ストーブでの暖房のほうがよいという
ことになります。

エアコン暖房の場合は 部屋に加湿器と湿度計を置いて湿度が下がりすぎない
ようにチェックしてください。

そして、お肌が乾燥しているな と思ったら 日中でもメイクの上からでも
保湿を行ってください。

Global Beauty スキンローション は メイクの上からでも
使えるので、便利ですよ。

メイクがよれたり、崩れたりすることなく、上からスプレーして
手でなじませるだけで オフィスでの仕事中でも 手軽に保湿ができます。


食生活では お肌の乾燥に効果があるのは ビタミンA,E、
そしてビタミンB群を多く含む食べ物です。

普段の食生活で 不足しているのではないかと思われる方は
サプリメントで補給するのも 悪くないと思います。

ダイエットで「油抜き」のようなことをやっている方は お肌も
乾燥してしまいます。
バランスの良い食事を心がけましょう。


カネボウ美白化粧品の白斑問題、被害者総数1万7000人に

報道されるたびに どんどん人数が増えているカネボウの美白化粧品の
白斑での被害者数、平成25年12月15日時点で1万7,000人に達したようです。
(完治または回復した人を含めて)

以下は記事の引用です。


+++++++

株式会社カネボウ化粧品(本社・東京)と同リサージ、同エキップが
製造販売した美白化粧品を使用して白斑が発症した事件で、
カネボウが公表した被害者総数は平成25年12月15日現在で1万7,000人
(完治または回復した人を含む)に達した。美白化粧品に含有されている
ロドデノールという成分は皮膚に沈着するメラニン色素の生成を抑制するために
開発されたが、それが原因で皮膚が白斑(白抜け)した事件である。

被害者は①今後どのような医療的なケアを受けられるか
②白斑は治癒・寛解するのか③治癒するとしてもそれまでの治療費、休業補償、
慰謝料は支給されるのか④治癒・寛解しない場合、後遺障害や慰謝料の請求が
できるのか―という不安を抱えながら生活している。

消費者から白斑の申し出が最初に明らかになったのは平成23年10月だった。
以来、24年7月に福岡県内、同9月に大阪府内、25年に岡山県内の
それぞれ大学病院の医師から同様の指摘があった。平成25年7月、カネボウは
初めてリコール(自主回収=写真/商品例)を開始し、同9月、
第三者調査報告書を公表した。

カネボウ美白化粧品白斑被害救済東京弁護団(末吉宣子団長、
中村忠史事務局長)によると、熊本大学教授(現山口大学教授)だった
福田吉治氏は平成10年に、カネボウが開発したロドデノールの起源と
されるラズベリーケトンによる職業性白斑の症例を報告していた。

3名中2名は白斑が完治せず残存していたこと、光毒性、光過敏性が示唆されること、
動物実験でも色素脱出作用が確認されていることを指摘し、
ラズベリーケトンへの注意を喚起していた。
ところが、カネボウはこの福田教授の研究を「肌が白くなる」ととらえ、
ロドデノールを開発したのではないかとの疑いがある。

カネボウは「白斑は治癒・寛解する」と強調している。しかし、被害者すべてが
治癒・寛解するとされる根拠は明らかではなく、将来的な見通しは
現時点では判断できない。
カネボウは独自に被害者宅を訪問して購入履歴を調査し、診断書を取り寄せたり
治療費・交通費などを支給、白斑の症状が軽微で治癒近くまで来た人には
5万円を支払っているという情報もある。
治ることを前提に対応しているという。

全国各地の弁護団は現在、被害状況を調査中だ。1月7日現在、北海道から
宮崎まで16都道府県で弁護団が結成されている。

東京弁護団の中村事務局長は「茶のしずく石鹸もカネボウ化粧品も、
被害が発生してからの対応が遅すぎる。
責任を取る取らないの問題と、とりあえず使用差し止めの問題とを別個に
考えてほしい。被害を確認したら企業としてまず使用中止を呼び掛けるべきだ。

被害を最小限に抑えるにはクレームがあればすぐ乗り出すことだ。
危ないと思ったら是正措置をとる企業の方が顧客の信頼を得るだろう」と
指摘している。


カネボウ美白化粧品白斑被害(美容経済新聞)
+++++++

«  | ホーム |  »

プロフィール

global cosme

Author:global cosme
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ (8)
化粧品についてのご意見・ご感想 (42)
お知らせ (36)
社長日記 (996)
手抜きレシピ (18)
美味しいもの、店 (4)
おすすめの本 (13)
スキンケアと化粧品 (117)
書評 (10)
旅行、温泉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR